2014年06月28日

さて、ラスト予想は”宝塚記念”

楽天馬です。

この春のGIは、予想し続けようと心に決めて、ついにラストゲームの宝塚記念までやってきました。

ばっちり当たったレースも、惜しくもハズレたレースも、そして惨敗のレースもありましたが、最後もこれまでの経験を活かして、シンプルに馬体診断でいきたいと思います。

まず、このレース当初は、フェノーメノとメイショウマンボの1,2着、1,3着の組み合わせでいこうと思っていましたが、フェノーメノは回避してしまい。
ジャスタウェイも安田記念で消耗して回避ということで、予想も簡単ではなくなりました。

でもそれなりにキーホースがたくさんいますので、競馬自体は逆におもしろいかもしれません。

さて、予想ですが、まず評価しなければならないのはジェンティルドンナ。
馬体だけ見ると、この馬体でこれるほど楽なメンバーではないと私は読みます。
トモのボリュームが無くて、疲れも感じます。
そもそも近走はあまり走りが安定していない上に、この馬体では本来の力は出せないと判断して、ばっさり切ります。

次に、ゴールドシップですが、前走ではバッサリ切って、うまくいきましたが、今回は別馬と思うくらいの好馬体。私の目には、ここ半年くらいでは一番の出来だと思います。
胴回りにも適当な締まりと余裕があり、トモはふっくらして、状態はまさに絶好。
前走で評価が下がってくれているとしたら非常においしい。
これが軸ですね。

次に、メイショウマンボ。
このレースは、この馬を軸にしたかったのですが、思ったより良化が遅い感じがします。
もちろんそれでも前走GIで2着に来たのですから、力は上位。
それと馬体も、全盛時まではいきませんが、悪いところがあるわけでもなく、結構良い感じです。
もし、札幌記念に出走するのであれば、そこ辺りがピークになりそうな感じの馬体に見えます。
まず戦える状態と見て、これは対抗の1頭として押さえたいと思います。

次に、ウインバリアシオン。
この馬は、順番からすると今回が勝ち頃という感じです。
ただ、前走が絶好調とすると、今回も好調は持続しているものの絶好調とまではいかない感じ。
力はこの馬も間違いなく上位で、3着には押さえたいですね。

次に、ヴィルシーナ。
前走、馬体は走れる馬体と評価したと思いますが、自信がなさそうに見えるので軸からは外しました。
今回は、見た目にまったく逆で、気持ちは結構強くなっている感じですが、馬体はギリギリの馬体に見えます。
腰骨が浮き上がって、胴回りはあばらが浮き出ています。
トモの筋肉がほとんど落ちていないのが救いという感じ。
今回はばっさり切ります。

次に、デニムアンドルビー。
これは、非常に良い出来で、充実度ではマックスに近いのではないでしょうか。
トモの張り、馬体のツヤ、何より背中が非常に良い感じ。
もちろん地力という点、展開に左右されるという点、非常に難しい馬ではありますが、今回はあえて対抗の1頭に指名したいと思います。

次に、ホッコーブレーヴ。
天皇賞ではこの馬にお世話になりました(笑)
この馬、馬体にも疲れが見えず、良い状態をキープしていると見ます。
展開ひとつのところがありますが、1枠を引いたので、ダービーのワンアンドオンリーのような積極的なレースを見せてくれれば、馬券に絡んでくる可能性はあると思います。
でも、今回もその展開次第という部分で、軸には指名できないですね。3着の押さえまで。

次に、ヴェルデグリーン。
これは、良い感じです。
馬体も非常に力強さがあって、トモも肩もすごい筋肉をしょっていて、張りもあります。
ただ、父ジャンポケで、もっと広くて長い直線が良さそうな馬体に見えますので、3着の押さえまでとしたいと思います。

最後は、マイネルラクリマ。
非常に充実感を感じる馬体で、精神状態も良さそうに見えます。
トモの張りツヤ、背腰の筋肉の付き方、そして、エプソムCで、むしろちょうど良く絞られた感じがします。
中1週ですが、この馬は十分に穴になりそうな予感があります。
この馬を穴指名と思いましたが、出走しないんですね。残念。

ということで、軸はゴールドシップ、対抗にメイショウマンボとデニムアンドルビーの2頭の牝馬。
という感じで、皆さん、当たりますように(笑)
posted by 楽天馬 at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 【特選!競馬情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

楽天馬のコメントへのコメント(14/06/22)

楽天馬です。

昨日は、初めての函館競馬場で、アールブリュットの新馬勝ちを見てきました。
最後の直線で、確実に前をとらえたレースぶりも良かったですが、むしろそれよりもパドックなどレース前の落ち着きが、私はこれから大きなレースでやれる馬だなーって思いました。
楽しみですね。
余談ですが、競馬場でB−1グランプリin函館ってのをやっていましたが、岡山県のひるぜん焼きそばは、あなどれない(笑)おいしかったです。

このアールブリュットの勝利で、隠し玉3頭のうち、早くも2頭が勝ち上がりました。
これは順調って言って良いと思います。
あとはエリオットベイ(シアトルサンセットの12)ですが、遅く指名した順に勝ち上がっているのは、やはり馬体の成長具合と仕上げ状況が情報としてわかるからでしょうね。
2月〜3月頃に残口がある馬の中にこういう馬達がいるというのは、1次、1.5次でダメでもまだまだ諦めるのは早いということだと思います。

さて、ということでいつものコメコメです。
よろしくお付き合いください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(さいもんさんのコメント)
楽天馬さん、こんにちは。 函館転勤お疲れ様です。
函館といえば、私的には新選組土方歳三終焉の地の印象が強く、競馬に関係なく一度は訪れて見たい土地です。
先日、出資馬ではないけれど記念にハープスタ ーの桜花賞優勝記念にと、クラブにバスタオルを注文したところ品物が届きました。
日常用に使うか、記念として保管するか決めあぐねています(笑)
さて、今週函館にてアールブリュットがデビューを予定しています。
楽天馬さんの隠し玉にも登場した本馬、どんな走りをするか楽しみですね。
環境が変わると体調を崩しやすいので、お身体ご自愛ください。
それでは、また(o・・o)/~
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
さいもんさん、コメントありがとうございます。
土方歳三、人気ありますよね。
先々週、出張で江差町というところにある土方歳三由来の”嘆きの松”というのを見てきましたが、写真が今見ても古さがなくて、実にイケメンですよね。
それからハープスターのタオル。私も買ったら使えないなー(笑)
あるいは2本買って、1本とっておくとかね・・・これって完全にマニアの買い方ですよね(笑)

さて、アールブリュット、しっかり応援してきました。
この馬は、これからたくさん走ってくれると思います。
背中が非常に安定していて、走りにブレが少ないですし、疲労をあまり残さないような無理の無いフォームで走ります。
今から気の早い話ですが、この馬が繁殖に入ったらサンデー系の種牡馬を配合するとかなり走ると思います。
サンデー系の馬体の欠点を、この馬はカバーしてくれそうです。
まあ、出資者のみなさんは、まずはこの馬に走ってもらわないと困りますよね(笑)

お気遣いありがとうございます。
サイモンさんもこれから暑くなりますので、くれぐれもご自愛ください。
また、コメント待っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(たーぼーさんのコメント)
コメント失礼します。函館での単身赴任ご苦労様です^^
楽天馬さん推奨のレオパルディナに完璧乗っからせていただき15年振りの一口再デビュー初戦で嬉しい勝利をいただきました。
ありがとうございました^^
そこで質問なんですが、父親がスニッツェルだと成長タイプは早熟だと思われますか?
申し訳ありませんが、楽天馬さんの考えを教えてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
たーぼーさん、コメントありがとうございます。
レオパルディナ、優勝おめでとうございます!!!
この馬は、仕上がり早なので、たくさん走って稼いでくれると思います。
軸馬になれる1頭ですね。
スニッツェル産駒ですが、確かに完成が早目という印象はありますね。
ただ、悪い意味で”早熟”と言われるタイプ、すなわち完成後成長力に乏しいタイプではないと思います。
サクラバクシンオー産駒のように、完成が早くて、それなりに成長力もある、そんな印象ではないでしょうか。
当然、ステージが上がると勝っていくのは厳しくなるわけですがね。
それはどの種牡馬でも同じです。
スニッツェル産駒の場合、特に芝馬は、距離もマイルくらいまではカバーできるケースが多いですので、牝馬の場合は桜花賞という夢を見られますよね。
ただし、成績を見るとわかるとおり、当たり外れは比較的大きい種牡馬なので、それなりに吟味しないといけません。
まあ、配合している繁殖を見ても、よく健闘している方だとおもいますがね。

キャロットは、比較的マイナー種牡馬の産駒の方がよく吟味されてまわってきている印象なので、スニッツェルの産駒も、通常よりは当たりの確率は高くなっていると思いますよ。
ということで、またコメント待っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ということで、コメントありがとうございました。
また、みなさんのコメントをお待ちしています。
posted by 楽天馬 at 08:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 【楽天馬のコメコメ他】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

楽天馬のコメントへのコメント(14/06/16)

楽天馬です。

会社の挨拶回りも終わり、家の中もだいぶ整理がついて、いよいよ函館暮らしもはじまったって感じです。
初めての単身赴任で、どうなることかと思いましたが、徐々にペースをつかみつつあります。
さすがに30万近い人口を抱えるマチで、生活にはまったく不便はなく、そういう面では快適です。
ただ、仕事が忙しすぎて、まだ満足にマチを探検できてないのが残念。
来週辺りは、少し余裕が出来そうなので、函館駅前周辺を探検してみたいと思います。

さて、春のGIシーズンも、後は宝塚記念を残すのみとなりました。
安田記念は、さすがにグランプリボスの激走は読めませんでしたね。
ショウナンマィティと逆だったら美味しかったのになー(笑)
それとジャスタウェイが、宝塚記念を回避しましたが、実は安田記念を見て、宝塚記念はジャスタを飛ばそうと思っていたので、人気になりそうな馬が消えてこれまた残念(笑)
あの最後の直線の差し替えしは、馬にとって相当な消耗だったと思います。
そういう点では、この回避はトレーナーの冷静な判断を讃えたいですね。
そして、宝塚記念も一応予想しちゃおうと思います。
まだ写真を見ていませんが、今のところ、心の中ではフェノーメノとメイショウマンボを1着、2着、あるいは1着3着固定で、広めに流すのが良いかなーって思っています。
あるいは、この2頭を入れて、三連複総長しとかね(笑)
特にメイショウマンボは、前走7〜8分の出来で、あそこまで走れたのですから、ここは勝負になると思いますね。
1,3着固定は、展開のあやで、伏兵を予感させるからですが・・・果たしてどうなるのか。

それから、今週の新馬戦、いきなりレオパルディナとアヴニールマルシェが勝ち上がりましたね。
レオパルディナは、隠し玉に指名したビオンドパンテーラの12です。
2頭とも非常に上手なレース運びで、これは活躍しそうですね。
アヴニールは、走った距離からいっても、来春を意識した感じで、楽しみになってきました。

ということで、今週は久々のコメコメです。
コメントいただいていいた方、本当に遅くなって申し訳ありませんでした。
ちょっと長いですが、よろしくおつきあいください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(アジアンさんのコメント その1)
こんにちは、いよいよですね!
バウンスシャッセが無理矢理、人気にさせようとマスコミの記事が出ていますが、なかなか厳しいと思っています。
今回は楽天馬さんと初のガチンコになりましたが、そんな怪しい人気に乗っかってワンツーフィニッシュを決めて欲しいですね。
それと今日の平安S、ジェベルは残念な結果になってしまいました。
まだまだ、4歳ですから今後の成長に期待したいと思うのですが、成長する余地は残っていると思いますか?
また、ご意見お願いします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(アジアンさんのコメント その2)
オークス、残念でした。↓シャッセとワンツーならば言う事なかったのですが・・・
私的にはシャッセがここまで走ってくれて嬉しいのですが、ハープは立場が違いましたからねえ・・・
でも、本当に楽天馬さんに出会ってからは活躍する仔に出資できていて、楽しい一口ライフを過ごさせてもらっています。
実際に、ハープも一番に出資検討し、大抽選会に参加するのを諦めてシャッセに行ったので、この年は何か降りてきていたのかも?
2歳もキャロの先陣を切ってアールブリュットが函館デビューの予定が出ています。
ちょっと早すぎんじゃないの?って感じもしますが、元々が王道ローテを狙っての仔じゃないので無事に元気に走ってくれれば嬉しいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
アジアンさん、コメントありがとうございます。
バウンスシャッセのオークスは、見事な走りでした。
皐月賞チャレンジは無駄では無かったですね。
あのレース間隔で、激走するということは、この馬はもしかすると叩き良化型なのかもしれません。
そして距離も長めが良いというのがわかりましたので、この馬の今後のレース選択の方向性も決まったように思います。
秋華賞、そして秋のエリザベス女王杯も楽しみになりましたね。
それから、ジェベル、良い馬に出資されていますね。
まだまだこれからの馬ですので、長く走る中でどこかで必ず良いことがあると思いますよ。

アールブリュットは、函館デビュー予定ということですね。
来週辺りは、午前中は仕事ですが、その後函館競馬場に行く予定をしています。
タイミング良くレースに間に合えば是非応援したいと思います。
また、コメント待っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(陽愛さんのコメント)
こんにちは陽愛です。 いつも楽しみに拝見させていただいています。
愛馬バウンスシャッセがオークスに出走します。 『5月25日、4番人気でのオークス』といえばご一緒していたトールポピーとかぶります。 あの日以来の牝馬GT勝利を目指します!
(牡馬はアルフレードがGTとってます)
楽天馬さんのハープスターは強いです。
1対1で走ったらとても敵いません…。
18頭で走る中で、隙が生まれないか…と 淡い期待を持っていますが、さてどうなりますか。
「キャロットのワンツー」実現したらいいですね!
函館でも益々のご活躍を祈念しております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
陽愛さん、コメントありがとうございます。
バウンスシャッセ、素晴らしい走りでした。
見ていて、最後の直線でハープは負けたって思いましたよ。
まあ、展開ひとつだったと思いますし、ヌーヴォともほとんど差がないと思いますので、秋は楽しみですね。
函館での活躍・・・お気遣いありがとうございます。
函館競馬場でも、活躍出来たらって思っています(笑)
また、コメント待っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(くうのおっさんさんのコメント)
こんばんは。初めまして。
私もハープの一口です。
明日は旧友が指定を確保してくれたので現地で応援できることになりました。
勝利も確信していますが、何よりケガなく完走してくれることを願ってます。
転勤ですか。函館もいい街ですね。
私も東京からですが、出張でよく行きます。
アールブリュットのデビュー戦も仕事終了後プライベートで函館競馬場に出撃予定しています。
偶然でもお会いできたらいいですね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
くうのおっさんさん、コメントありがとうございます。
ハープスター、こういう展開は十分あり得たわけで、まあ追い出しのタイミングなども紙一重なところがありますので、騎手は責められないですね。
それより、いつもこういう大きいレースで上位に来てくれるだけで、非常に有り難いと個人的には思います。
くうのおっさんさんも、アールブリュットに出資されているんですね。
良いレースを期待しています。
もし、競馬場に行けるようなら、私はゴール板の真横にいます。
”家庭教師のミタ”みたいな全体がグレーの帽子被ってます(笑)
気がついたら、声かけてください。
また、コメント待っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(腹黒パンダさんのコメント)
オークス惜しかったですね。
キャロットではハープスターとバウンスシャッセが負けはしましたが、なかなか内容のあるレースだったと思います。
課題もみえましたし、ゆっくり休んで怪我なく秋を迎えてほしいです。
私バウンスの方に出資しておりますが、この馬とハープ共通しているところがあって強い調教しても体重が増えていくのです。
08年産からこの趣味を始めてますが、自分が出資する馬は体重管理の難しい馬が多く、一つ勝ってもその後がつづきません。
キャロットに来る馬は、体重の少ない子が多いのでなんですが、募集時の段階である程度成長力といいますか大きく強くなるって分かるものなのでしょうか?
秋のドラフトに向けてお教えいただければ幸いです。
よろしくお願いします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
腹黒パンダさん、コメントありがとうございます。
今年のオークスとダービーは、キャロットの馬が人気になったので、非常に盛り上がりましたね(笑)
馬体重と成長力についてですね。
募集時の段階でどのくらい成長するかは、骨格で大体はわかるのですが、たぶん腹黒パンダさんが言われているのは、体重が小さく、かつ体質面で、飼い葉食いが細くて、いわゆる使い減りしてしまうとかそっちの方ですね。
馬体が小さい馬は、どうしても騎手を乗せて走る時の負担が大きいので、レースで使い減りする馬が多いわけですが、それでも体質が強ければ、回復が早く、それほど消耗しません。
そういう馬かどうかを見分けられるのかということだと思います。

使い減りする馬=体重管理、体調管理が難しい馬は、比較的神経質な牝馬に多いですね。
まず、体重が増えない馬は、募集時でもある程度は判断できるかもしれません。
例えば400キロ台前半、あるいは400キロを切っている馬で、骨格的に馬体重の伸びシロが少ない馬は、430キロくらいまでしか増えないなーとか。
キ甲の位置とトモの高さを比較して、骨格自体もどのくらい大きくなりそうかなーとか。
全体の馬っぷりを見て、線の細さや腹袋の大きさなどから、この馬は、どのくらいまで大きくなりそうかなーなんて私は勝手に判断しています。
でも、それでも予想に反する場合もあります。
血統的に、成長曲線がある特定の時期に急激にくる馬などは実に読みづらいですね。
こういう急激に成長するパターンは、私の経験では牡馬に多いですね。
牝馬は、やはり線が細い馬や、最初から腹袋が小さく、腹が切れ上がっているような馬は、大きくなっても限界があります。

小さい馬に出資する時は、ある程度のリスクを背負いますよね。
どんなに走る馬でも、回数を使えないとなると、番組を選ばなければならないわけで、絶対ということがない競馬というスポーツにおいては、それだけチャンスが限られてくることを意味します。
ただ、そういう馬を最初から出資対象から外してしまうと、ディープインパクトのような小さい名馬には出会えないわけで、そういう馬でもバネが良い馬などは当然出資対象にすべきだと私は思います。
レッドリヴェールもそうですよね。

問題なのは、馬体が小さくて、かつ体調管理が難しい、体質の弱い馬ですね。
これは、ひとつは線の細さ、もうひとつは本来もっている体質、後者の方は募集時に見分けるのはほぼ困難だと私は思っています。
実際に何度もそういう馬に出会ってきました。
それで、繁殖ポテンシャルという指標を入れて、一応ある程度は判定しているわけですが(笑)
しかし、高齢出産の繁殖の産駒でも走る馬は走っちゃうわけで、あくまで確率でしかありません。

それから馬体重で言えば、早生まれ、遅生まれでも、かなり違いますね。
1歳春だと、1ヶ月で30キロくらいは増えるそうですからね。
だから、遅生まれの馬は、骨格も成長しますし、かつ馬体重も増えるということで、390キロくらいでも十分出資対象になることがあります。
ということで、また長々と勝手な話をしてしましました。
また、コメント待っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(ベルクロさんのコメント)
楽天馬さん こんにちは。
ハープスターは残念でしたが、オークス2着は立派です。
強い馬には変わりありませんし、秋の活躍を期待ですね。
私もハープスターのような馬を持てるように頑張ります。
さて今週はダービー。 オークスも血統からみれば父サンデー系で1着〜3着まで決まりました。
ダービーもその傾向は変わらないと思いますが、対象が多すぎますね。
今回も楽天馬さんの馬体評価を楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。
それでは季節の変わり目なので体調には気をつけてくださいね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
ベルクロさん、コメントありがとうございます。
ハープ、頑張りましたが、少し及ばすでした。
でもよく走ってくれたと思います。
さて、父サンデー系という話ですが、まだまだ日本はこういう傾向が続きそうですね。
どこかで新しい血が入らないと、まずいことになるでしょう。
これからサンデーのクロスが入った馬が増えてきそうですが、リボーやナスルーラのように、気性難をもった馬が増えそうな予感がします。
そして、やがて急速に衰退していくのは、過去の例を見ても明らかです。
この点、社台系は、今ドイツ血統を中心に、新しい血をもつ繁殖を多く輸入していますが、これは間違いなく、そっちの対策であり、多少なりとも良い方に働くとは思います。
でも、抜本的には、サンデー系ではない血、サンデー以上に遺伝力の強い種牡馬の輸入しかないのかもしれません。
せっかく世界レベルに近づいた日本の競馬が、また一時的に世界のレベルから遠ざかるかもしれませんが、これも日本の競馬のさらなる発展に不可欠な過程なのかもしれません。
ということで、またコメント待っていますね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(マサヤンさんのコメント)
こんばんは。お忙しい中、更新ありがとうございます。
お蔭様で、3連単は無理でしたが、美味しい馬券いただきました。ごちそうさまでした。
私も相手はワールドエースかなと思っていたのですが、写真で気になっていたショウナンも迷わず押さえられたので助かりました。
しかし、このレースはいい馬ばかりで。

ハープスター惜しかったですね。
秋は楽しみ一杯でうらやましい限りです。
いよいよ新馬戦も始まりましたし、少しでも早く通常の生活に戻られることを陰ながら祈ってます。
また、よろしくお願いします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【楽天馬のコメント】
マサヤンさん、コメントありがとうございます。
安田記念、獲ったんですね〜。
おめでとうございます!!!
こういう人が身近にいるとは思いましたが、やはりですか(笑)
ショウナンを押さえられても、グランプリはなかなか押さえられないなー(笑)
でも、お見事でした。
ハープスター、残念でしたが、よく走りました。
故障が無かったのが何よりです。
次走も楽しみにしたいと思います。
また、コメント待っています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ということで、コメントありがとうございます。
また、みなさんのコメントをお待ちしています。
posted by 楽天馬 at 00:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 【楽天馬のコメコメ他】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

さあ、今週は安田記念?!

楽天馬です。
ダービーは、難しい展開になりましたね。
トゥザワールドも頑張りましたが、まさに展開のあやで結果は残念でしたが、夢を見せてくれました。
イスラボニータが、やっぱり負けて強しと思いましたが、運を持っていたのはワンアンドオンリーでしたね。

さて、わたしごとで恐縮ですが、先週末に引越しして、まだネット環境が整っておらず、というか仕事が忙しくて、生活環境も整っておらず、今週もコメコメはお休みさせていただきます。
誠に申しわけありません。

ということで、安田記念予想だけ、スマホからポチっとアップします。

今週は、ギャロップ誌を使って、例によって写真だけの予想です。

まずは、何はなくともジャスタウェイの評価ですね。
これはもう、何も文句ない出来ですね。
トモの張り、肌の張りツヤ、何よりこのふてぶてしいほどの威圧感。
周りに喧嘩をふっかけているような迫力。
このオーラはまさに王者の風格だと思います。
ヴィクトリアマイルの教訓から実力のある馬の馬体の状態が良い時は、逆らっちゃいかん(笑)
ということで、まずはこの馬が軸の1頭。

問題は、この馬の喧嘩にひるまず挑めそうな、そしてこの状態に引けを取らないような良い状態の対抗馬がいるのかですね。

まず間違いなく調子が良いのはワールドエース。
前走のマイラーズCよりさらに気合いが入って、これも絶好調。
迫力も負けていません。

それから充実度が目立つのかが、ショウナンマィティ。
昨年の2着の状態とほとんど遜色ないと思います。

後はレッドスパーダとリアルインパクト。
馬体の張りもかなり良くなってきていて、前走は度外視。穴をあける可能性も十分あると思います。

後は、ホエールキャプチャ、良い状態をキープしていて、これも押さえておかなければならないでしょうね。

ということで、ジャスタウェイからショウナンマィティとワールドエースを本線に、挙げた馬を少し広めに行きたいと思います。

皆さん、当たりますように(笑)
posted by 楽天馬 at 11:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 【特選!競馬情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【キャロットクラブ2015年募集馬診断レポート】
管理人である楽天馬の独断と偏見によるキャロットクラブ2015年募集馬の診断レポートですので、参考程度にご覧ください。
1.フラニーフロイドの14
2.ジンジャーパンチの14
3.ラドラーダの14
4.リュヌドールの14
5.イグジビットワンの14
6.メジロダーリングの14
7.ラクカラチャの14
8.シーズンズベストの14
9.ディアデラノビアの14
10.スナップショットの14
11.キューの14
12.ピューリティーの14
13.マイティースルーの14
14.ヒシシルバーメイドの14
15.アドマイヤセラヴィの14
16.クレヨンルージュの14
17.ポトリザリスの14
18.メジロフォーナの14
19.エンシェントヒルの14
20.リッチダンサーの14
21.スターぺスミツコの14
22.ティフェンの14
23.ボルボレッタの14
24.カスタリアの14
25.フェルミオンの14
26.フォルテピアノの14
27.モンプティクールの14
28.トキオリアリティーの14
29.カドリーユの14
30.シャンスイの14
31.グリッターカーラの14
32.ハンドレッドスコアの14
33.ケイティーズジェムの14
34.テイクワンズアイの14
35.ヴェラブランカの14
36.クリンゲルベルガーの14
37.ドレスデングリーンの14
38.カラベルラティーナの14
39.Sweet Dream Babyの14
40.パーシステントリーの14
41.レーヴディマンの14
42.ジャッキーテーストの14
43.トゥザヴィクトリーの14
44.シーザリオの14
45.データの14
46.リリサイドの14
47.ココシュニックの14
48.シェアザストーリーの14
49.グレイトフィーヴァーの14
50.ヒストリックスターの14
51.リーチコンセンサスの14
52.パーフェクトジョイの14
53.インパクトゲームの14
54.マルティンスタークの14
55.シンハリーズの14
56.アマルフィターナの14
57.ペニーホイッスルの14
58.エポキシの14
59.スルーレートの14
60.ポロンナルワの14
61.ハルーワソングの14
62.マチカネホレルナヨの14
63.ヴァリアントレディの14
64.フローリッドコートの14
65.エルダンジュの14
66.ヴァイスハイトの14
67.シーズアンの14
68,ベネディーレの14
69.ウエストコーストの14
70.キスショットの14
71.マヒナの14
72.カメリアローズの14
73.ラフィントレイルの14
74.メガクライトの14
75.アビラの14
76.キャンパスライフの14
77.メジロジョーンズの14
78.セレブレイドコールの14
79.ブルーメンブラットの14
80.メジロシャレードの14
【キャロットクラブ2014年募集馬診断レポート】
キャロットクラブの2014年募集馬(2013年産)の私なりの診断レポートです。
1.ジンジャーパンチの13
2.オールザウェイベイビーの13
3.クイックリトルミスの13
4.ケルアモーレの13
5.オーベルゲイドの13
6.モンローブロンドの13
7.ドルチェリモーネの13
8.キューティーゴールドの13
9.ヒカルアモーレの13
10.エンシェントヒルの13
11.ラドラーダの13
12.モンプティクールの13
13.コーレイの13
14.リーピングキャットの13
15.ヴィアンローズの13
16.アネモティスの13
17.エカルラートの13
18.ラズベリータイムの13
19.イグジビットワンの13
20.カニョットの13
21.バイラオーラの13
22.プリンセスカメリアの13
23.カラベルラティーナの13
24.トレッビアーノの13
25.クロノロジストの13
26.クレヨンルージュの13
27.サイレンスギフトの13
28.ハルーワソングの13
29.メガクライトの13
30.リッチダンサーの13
31.マイティースルーの13
32.クレヴァリーの13
33.フェルミオンの13
34.ファ-ストチェアの13
35.アウトオブタイムの13
36.アドマイヤサンデーの13
37.ヒルダズパッションの13
38.レディドーヴィルの13
39.シンハリーズの13
40.レーヴディマンの13
41.シーザリオの13
42.ディマクコンダの13
43.ルミナスグルーヴの13
44.マクダヴィアの13
45.ジュモーの13
46.ディアデラノビアの13
47.ヴェラブランカの13
48.ブルーメンブラットの13
49.ジュピターズジャズの13
50.ササファイヤーの13
51.フォルテピアノの13
52.クリソプレーズの13
53.リーサルヒートの13
54.ココシュニックの13
55.ヒストリックスターの13
56.カメリアローズの13
57.ガヴィオラの13
58.キッズトゥディの13
59.リリサイドの13
60.ワイオラの13
61.マンボスルーの13
62.リーチコンセンサスの13
63.ムガメールの13
64.ダンスザクラシックスの13
65.ミスエアクラフトの13
66.ブロードアピールの13
67.マチカネホレルナヨの13
68.ファーレサルティの13
69.リードストーリーの13
70.マギストラの13
71.シャンスイの13
72.スキッフルの13
73.ジューンアナガリスの13
74.レストレスハートの13
75.クリンゲルベルガーの13
76.プルーフオブラヴの13
77.イサドラの13
78.スターリットラヴの13
79.ムービングアウトの13
80.クルソラの13