2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ヴィートマルシェの12)

母ヴィートマルシェは、初仔グランマルシェ(父フジキセキ、牡)、二番仔サンブルエミューズ(父ダイワメジャー、牝)が順調に勝ち上がり、しかもサンブルエミューズがOP馬となった段階で、この繁殖のポテンシャルが高いことは立証されたと言って良いでしょう。ヴィートマルシェは、デビューが3歳夏と遅く、切れる脚がなくてダートを走りました。3月に引退してからすぐに種付けせずに夏まで種付けを待ったことが奏功したのか、産駒には現役時代の疲労を伝えること無く、初仔から走っているのは立派です。
しかも、産駒はいずれもパワーに出がちな種牡馬との配合にも関わらず、芝で瞬発力勝負で見事に力を発揮しているのですから、今回のディープとの配合は、相当期待感が高いですね。血統的には、母系には少し重たい血も多いのですが、母父フレンチデピュティが良い競走資質を遺伝させているのかもしれません。


今回は、ディープインパクトとの配合で、ディープ産駒の活躍馬に多いリファールのクロスが発生。
これは、これまでの産駒よりは間違いなく切れるはずだと誰もが思うでしょうね。
10歳と繁殖適期内での出産で、この産駒たち勢いを見ると、買うなら今でしょって感じ(笑)
確かにこの母の仔でクラシック獲るような産駒が現れるならここ2〜3年でしょうね。ここ勝負どころかも。

母は500キロ近い馬でした。産駒は、初仔こそ大きかったものの、サンブルエミューズは小柄。

本馬は、ちょうど良く、中型よりちょっと大きめになりそう。
ディープ産駒は、割合的には小さめが多いですが、大きめの産駒も勝ち上がり率などは遜色ありません。
歩様は、後肢と前肢に余計な動作が若干ありますが、まあ許容内だと思います。
馬体は、顔立ちがしっかりしているのが印象的、首差しから肩の感じ、前肢の力強さ、繋ぎの角度など申し分なく、背腰もしっかりしていて、トモも幅もあり、バネも強そうです。
繋ぎのクッションが素晴らしいですね。


トレーナーは、日本のナンバーワントレーナーの藤澤さんです。
最近は使える馬は早い時期から使っていますので、クラシックも当然狙える厩舎だと思います。
価格はかなりの高め設定ですが、ディープ産駒ということで、まあしょうがないかなー。

楽天馬の評価 ★★★★★★☆

posted by 楽天馬 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373853918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
【キャロットクラブ2015年募集馬診断レポート】
管理人である楽天馬の独断と偏見によるキャロットクラブ2015年募集馬の診断レポートですので、参考程度にご覧ください。
1.フラニーフロイドの14
2.ジンジャーパンチの14
3.ラドラーダの14
4.リュヌドールの14
5.イグジビットワンの14
6.メジロダーリングの14
7.ラクカラチャの14
8.シーズンズベストの14
9.ディアデラノビアの14
10.スナップショットの14
11.キューの14
12.ピューリティーの14
13.マイティースルーの14
14.ヒシシルバーメイドの14
15.アドマイヤセラヴィの14
16.クレヨンルージュの14
17.ポトリザリスの14
18.メジロフォーナの14
19.エンシェントヒルの14
20.リッチダンサーの14
21.スターぺスミツコの14
22.ティフェンの14
23.ボルボレッタの14
24.カスタリアの14
25.フェルミオンの14
26.フォルテピアノの14
27.モンプティクールの14
28.トキオリアリティーの14
29.カドリーユの14
30.シャンスイの14
31.グリッターカーラの14
32.ハンドレッドスコアの14
33.ケイティーズジェムの14
34.テイクワンズアイの14
35.ヴェラブランカの14
36.クリンゲルベルガーの14
37.ドレスデングリーンの14
38.カラベルラティーナの14
39.Sweet Dream Babyの14
40.パーシステントリーの14
41.レーヴディマンの14
42.ジャッキーテーストの14
43.トゥザヴィクトリーの14
44.シーザリオの14
45.データの14
46.リリサイドの14
47.ココシュニックの14
48.シェアザストーリーの14
49.グレイトフィーヴァーの14
50.ヒストリックスターの14
51.リーチコンセンサスの14
52.パーフェクトジョイの14
53.インパクトゲームの14
54.マルティンスタークの14
55.シンハリーズの14
56.アマルフィターナの14
57.ペニーホイッスルの14
58.エポキシの14
59.スルーレートの14
60.ポロンナルワの14
61.ハルーワソングの14
62.マチカネホレルナヨの14
63.ヴァリアントレディの14
64.フローリッドコートの14
65.エルダンジュの14
66.ヴァイスハイトの14
67.シーズアンの14
68,ベネディーレの14
69.ウエストコーストの14
70.キスショットの14
71.マヒナの14
72.カメリアローズの14
73.ラフィントレイルの14
74.メガクライトの14
75.アビラの14
76.キャンパスライフの14
77.メジロジョーンズの14
78.セレブレイドコールの14
79.ブルーメンブラットの14
80.メジロシャレードの14
【キャロットクラブ2014年募集馬診断レポート】
キャロットクラブの2014年募集馬(2013年産)の私なりの診断レポートです。
1.ジンジャーパンチの13
2.オールザウェイベイビーの13
3.クイックリトルミスの13
4.ケルアモーレの13
5.オーベルゲイドの13
6.モンローブロンドの13
7.ドルチェリモーネの13
8.キューティーゴールドの13
9.ヒカルアモーレの13
10.エンシェントヒルの13
11.ラドラーダの13
12.モンプティクールの13
13.コーレイの13
14.リーピングキャットの13
15.ヴィアンローズの13
16.アネモティスの13
17.エカルラートの13
18.ラズベリータイムの13
19.イグジビットワンの13
20.カニョットの13
21.バイラオーラの13
22.プリンセスカメリアの13
23.カラベルラティーナの13
24.トレッビアーノの13
25.クロノロジストの13
26.クレヨンルージュの13
27.サイレンスギフトの13
28.ハルーワソングの13
29.メガクライトの13
30.リッチダンサーの13
31.マイティースルーの13
32.クレヴァリーの13
33.フェルミオンの13
34.ファ-ストチェアの13
35.アウトオブタイムの13
36.アドマイヤサンデーの13
37.ヒルダズパッションの13
38.レディドーヴィルの13
39.シンハリーズの13
40.レーヴディマンの13
41.シーザリオの13
42.ディマクコンダの13
43.ルミナスグルーヴの13
44.マクダヴィアの13
45.ジュモーの13
46.ディアデラノビアの13
47.ヴェラブランカの13
48.ブルーメンブラットの13
49.ジュピターズジャズの13
50.ササファイヤーの13
51.フォルテピアノの13
52.クリソプレーズの13
53.リーサルヒートの13
54.ココシュニックの13
55.ヒストリックスターの13
56.カメリアローズの13
57.ガヴィオラの13
58.キッズトゥディの13
59.リリサイドの13
60.ワイオラの13
61.マンボスルーの13
62.リーチコンセンサスの13
63.ムガメールの13
64.ダンスザクラシックスの13
65.ミスエアクラフトの13
66.ブロードアピールの13
67.マチカネホレルナヨの13
68.ファーレサルティの13
69.リードストーリーの13
70.マギストラの13
71.シャンスイの13
72.スキッフルの13
73.ジューンアナガリスの13
74.レストレスハートの13
75.クリンゲルベルガーの13
76.プルーフオブラヴの13
77.イサドラの13
78.スターリットラヴの13
79.ムービングアウトの13
80.クルソラの13