楽天馬のコメント

2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(シアトルサンセットの12)

母シアトルサンセットは、不出走ですね。


初仔は04年産のフサイチレオン(父ゴーンウェスト、牡)ですが、フサイチさんが買ったということは、良血牝馬というのは間違いないですね。フサイチレオンは、5歳の時の産駒で、2歳12月デビュー、8戦2勝でしたが、瞬発力不足で、なかなか勝ちきれませんでした。二番仔シリコンフォレスト(父クロフネ、せん)は、2歳10月デビュー、14戦2勝、ダートを中心に走りましたが、これも瞬発力不足で、ジリ脚系でした三番仔、四番仔のキンカメとタキオンの牝馬はいずれも骨折など故障もあって不出走のまま引退。五番仔ロンギングトゥユー(父ダイワメジャー、牝)は、2歳10月デビューで、13戦1勝、この馬は芝の短距離を走りましたが、やはりもうひとつ決め手不足。そして、六番仔(父ステイゴールド)はまだデビュー前、本馬は七番仔で、母が13歳の時の産駒です。


まあ、これだけの繁殖ポテンシャル、そしてこれだけの良血、バックパサーに、セクレタリアト、シアトルスルーという米三冠馬二頭の累代ですから、走らないわけはない。でも、結果が出ないということで、牧場も種牡馬を毎年替えて、試行錯誤を続けているといったところ。三番仔、四番仔のキンカメ、タキオン辺りはかなりおもしろかったと思いますし、実際、牧場でもかなり期待されていたようですが、故障は仕方がないですね。
今回はネオユニヴァース。スペシャルウィークとかも合いそうですが、ネオも意外に合うかもしれませんね。
まあ、この辺りで良血の底力を見たいですね。


馬体サイズは、ちょうど良いですね。
歩様は、後肢の動きに多少気になるところはありますが、それは許容内として、前肢が結構遊ぶのと、繋ぎが少し硬めに写ります。
ただ、走りへの影響は程度がありますので、DVDだけでは私にはわかりません。
馬体は、ネオ産駒らしい好馬体で、首差しから肩にかけて良い感じです。
繋ぎの角度良く、体重のかけかたも悪くないですね。
胴回りは張りがあり、背腰もしっかりしています。
トモは大きく見せて、半腱半膜様筋が腫れているかのように立派に発達しています。


トレーナーは、心配ないですね。
価格も安めで、ネオの牡馬でこの馬体、この価格なら手が出ちゃいますね。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック