楽天馬のコメント

2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ゴレラの12)

母ゴレラは、GI1勝、それを含めて重賞を3勝したほか、BCマイル3着、ムーンランドロンシャン賞2着、クイーンエリザベスU世チャレンジカップ3着など数々の重賞レースで活躍した名牝です。2006年11月4日のBCマイルで引退し、一応半年以上休養して繁殖入りしたのですが、産駒の成績は母の成績ほどはふるいません。


初仔クーリドフレイズ(父ジャイアンツコーズウェイ、牝)は、3歳3月デビューで5戦未勝利、二番仔フラゴリーネ(父ディープインパクト、牝)は、3歳3月デビューで11戦1勝、三番仔ネオウィズダム(父ネオユニヴァース、牡)は、2歳8月デビューで6戦2勝、4番仔はデビューしておらず、本馬が5番仔、母が10歳の時の産駒になります。
三番仔が重賞で走るなど出来が良かったので、この5番仔もネオとなったのではないかと思います。
陣営も、この辺で活躍馬をと考えているでしょう。問題は、体質でしょうね。
三番仔のように体質面に不安が無い状態で早くにデビューできれば、母の地力が生かされるように思います。


血統的には、三世代目、四世代目に遡ったところに非常に活性力の強い種牡馬が並んでいて、スタミナ、スピード、決め手がバランス良く発揮出来る配置になっているように思いますが、まあ、やっぱりヘイロー・・・というかサンデーサイレンスの血と、カーリアンということになるのかもしれませんね。


馬体サイズは、小さめですが、遅生まれですし、まず問題ないでしょう。
歩様は、後肢の動きに気になるところがありますが、それ以外は問題ないと思います。
繋ぎのクッションが良いですね。
馬体は、首が短めで、バランスは短距離馬のそれですね。
まだ、馬体全体が幼い感じですが、繋ぎの角度良く、肩、トモにも良い筋肉が付いていて、特にトモはボリュームもまずまずです。

トレーナーは、開業してまだ年数があまり経っていませんが、まずまずよく頑張っていますよね。
価格は、牡馬でこの血統ですが、私は明らかに高すぎると思います。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック