楽天馬のコメント

2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(タイムウィルテルの12)

母タイムウィルテルは、現役時代20戦2勝、2歳7月デビューで、ブライアンズタイム産駒らしくなく、マイルの舞台で切れる脚を武器に5歳11月まで走りました。
引退後4ヶ月以上空けて繁殖入りしており、繁殖ポテンシャルは十分あると思われます。


初仔フェスティナレンテ(父ゼンノロブロイ、牡)は、3歳4月デビューで、中央未勝利、地方で走りました。
二番仔タイムウィルフライ(父アグネスタキオン、牡)も、3歳7月と遅いデビューで未勝利。
三番仔パッシフローラ(父ディープインパクト、牝)が、現在20戦2勝ではじめての産駒勝利。
四番仔フランチャコルタ(父ネオユニヴァース、牝)は、未出走。
五番仔マジックタイム(父ハーツクライ、牝)は、2歳7月デビューで、初戦2着。
本馬は6番仔ということになります。
非常に評価が難しい繁殖ではありますが、出来不出来がはっきりしているという点は要注意の繁殖と言えると思います。


血統的には、クリス、サドラーズウェルズ、ブライアンズタイムと、底力とスタミナにあふれた血統で、ネオユニヴァースには、スピードと決め手の強化を期待したいところですね。


馬体サイズは、多少小さめですが、牝馬ですし、まだ20キロくらいは大きくなりそうで、問題ないでしょう。管囲もギリギリOKですね。
歩様は、ほぼ欠点が無く、繋ぎのクッションはかなり良い感じです。
馬体は、気性はおとなしそうに見えます。肩は良い角度で、良い筋肉をしょっています。
繋ぎは長めですが、胴も短めで、収縮が良さそうなので、良く伸びそうです。
トモは大きく見せて、容量もまずまずあり、尻尾の周りの筋肉が良く発達してバネがありそうです。


トレーナーには、正直不安があります。活躍馬以外は一流どころの騎手にはあまり頼まない印象があります。
価格は、この馬体ですからかなりお買い得の印象です。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック