楽天馬のコメント

2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ピューリティーの12)

母ピューリティーは、ドイツ産馬で、海外のセールで、ノーザンの吉田氏がモンズン産駒を受胎した状態で購入し、日本に輸入されました。
現役時代はイタリア1勝、繁殖入りの背景はあまりよくわかりませんが、初仔ピュアブリーゼ(父モンズン、牝)が、2歳10月デビューでいきなりオークス2着となり、二番仔プリュム(父ダイワメジャー、牝)が2歳11月デビューで、2勝を挙げました。三番仔は地方デビュー。四番仔は、まだデビュー前、本馬が5番仔になります。
三番仔までのデビュー時期や成績を見てみると、繁殖ポテンシャルは、そこそこ高いと推察されます。

血統的には、母系は典型的なスタミナ型のドイツ血脈ではなく、むしろ伝統的な欧州血統という感じ。カロ、サドラーズウェルズ、ベーリング、パントレセレブルと、非常に重厚で、母系に入ると良い血が多いですね。サドラーズウェルズなども父系だと重たいですが、母系ではそれが緩和される傾向にあるようです。

これまでダイワメジャー、ハーツクライ、スペシャルウィークとサンデー系と配合されてきましたが、今回のネオユニヴァースとは初配合、母はまだ9歳の時の産駒ですし、十分繁殖適期内で、ここで大物登場の可能性も・・・。


馬体サイズは、少し小さめ、管囲も細いですね。
歩様は、前肢に多少気になるところはありますが、許容内で、繋ぎのクッションは非常に良いですね。
馬体は、性格は良さそうで、手綱がブラブラですよね。
首差しよく、線は細いですが、各部はしっかりしていて、体重は四肢に均等にかかっている感じです。
繋ぎは角度良く、短めで、故障は少なそうです。
胴回りは、少しまだ幼いですが、背中が短く、しっかりしています。
トモはコンパクトで幅もまだあまりなくて、これからって感じですが、角度は良いですね。


トレーナーは、まあまあ大丈夫でしょう。
価格は安め、まあネオの牝馬ですので、人気からこのくらいが妥当という判断でしょうか。
でも、本馬はネオ牝馬って感じのシルエットではありませんね。母が強く出た感じがします。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック