楽天馬のコメント

2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ラフィントレイルの12)

母ラフィントレイルは、現役時代5戦のみで引退しています。
3歳夏にやっとデビューしたように体質的にもあまり強くなかったようです。馬体は450キロ前後でした。
本馬の祖母ファビラスラフィンは、3歳で秋華賞に勝った直後のジャパンCに出走し、2着した馬で、3歳で7戦して重賞を2勝しています。


初仔アルドワーズ(父サクラバクシンオー、牡)が2歳9月デビューして、中央未勝利で地方にまわりました。馬体重は430キロくらい。
二番仔ブレイズアトレイル(父ダイワメジャー、牡)も2歳7月デビューで13戦3勝、480キロくらいの馬体重です。
三番仔ジャイアントリープ(父ネオユニヴァース、牡)は、3歳1月デビューで、6戦2勝。馬体重は500キロ前後。キャロットで募集されましたのでおなじみですね。
4番仔スタートレイル(父マンハッタンカフェ、牡)は、まだデビュー前です。
特段、疲労感を残して引退した繁殖の傾向も無く、むしろ繁殖ポテンシャルが高い牝馬のパターンですので、繁殖適期の9歳時の産駒である本馬には、ジャイアントリープ以上の活躍を期待したいですね。


血統的には、ミスプロの4×4が入っていますが、効果は微妙。ゼンノロブロイ×エルコンドルパサーって組み合わせも、はっきり言って活躍した馬はおらず、さらに広げてサンデー系にエルコン肌って組み合わせも、今のところ活躍馬は無く・・・。
まあ、この母のポテンシャルに期待ってところですね。


馬体サイズは、結構小さめ、ただ遅生まれで、結構なトモ高、牝馬ということで、減点はなしで良いと思います。
体高から、おそらく440キロくらいにはなるのではないかと思います。
歩様は、ほとんど欠点らしい欠点は無く、繋ぎのクッションも良好です。
馬体は、全体的に線が細く、薄手ではありますが、随所に良い筋肉が付いています。
首差しよく、脚は真っ直ぐ伸びて、繋ぎの角度良く、かなり素軽そうな足もとです。
胴回りは、幼い馬体の割にはしっかりしていて、トモは小さめですが、角度も良いです。
もう少し幅が出てくると、もっとバネを感じると思いますが、現状ではそこまでではありません。


トレーナーは申し分ありません。
価格は私にはちょっと高く感じますが、それだけ出来も良いということでしょうか。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック