楽天馬のコメント

2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(エクソセットの12)

母エクソセットは、現役時代米1勝。


初仔ショットトゥフェイム(父Quest for Fame、牡)は、英4勝で重賞勝ち。
二番仔スピノラ(父スピニングワールド、牡)も英2勝。これも重賞を勝っていて、共に代表産駒となっています。
総じて距離は短-マイルと短め 。
三番仔キングエグハート(父ファスリエフ、牡)は、英3勝。
六番仔ベルファミーユ(父リナミックス、牝)は、仏1勝。
七番仔ボランス(父モンジュー、牝)を受胎したまま、日本に来て、いきなりキャロットでこの産駒が募集されましたが未出走。
八番仔サトノレジェンド(父フジキセキ、牡)は、3歳4月デビュー、中央は6戦未勝利。
九番仔エクソプラネット(父アドマイヤムーン、牝)は、2歳7月デビュー、7戦1勝。
十番仔ノイ(父ネオユニヴァース、牝)は、3歳1月デビュー、3戦0勝。
十一番仔エクストリミティー(父ハーツクライ、牡)は、まだデビュー前。
本馬は十二番仔。実に18歳の時の産駒です。
まあ、普通に考えて母の繁殖ピークは過ぎていますが、何が起こるかわからない繁殖でもあります。


血統的には、母父デポジットチケットが、ノーザンダンサー系の短距離馬。
父が新種牡馬キンシャサノキセキということで、そういう短−マイルのステージでの大活躍を期待したいわけですが・・・


馬体サイズはちょっと小さめ、管囲も少し足りないので、ちょこっと減点。
歩様は、全体的には欠点が少ないですが、繋ぎのクッションが硬めですね。
馬体は、成長期特有のアンバランスな馬体ですが、これはしょうがないこと。
前後躯バラバラにチェックしますと、前駆は、首差し、肩の感じ、二の腕から足もとにかけて問題なく、繋ぎの角度も良いですね。
トモは、なかなか大きく見せて、半腱半膜様筋、そして寛骨周りの大腿二頭筋もよく張っています。


トレーナーは、徐々に実績を上げている方ですので、そんなに心配要らないでしょう。
価格は安めですね。この馬は、繋ぎさえ問題なければという感じ。そこは賭けになりますかね。

楽天馬の評価 ★★★★☆☆☆

posted by 楽天馬 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック