楽天馬のコメント

2013年09月04日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ダークサファイアの12)

母ダークサファイアは、現役時代8戦1勝、芝・ダートの短距離戦で走りましたが、間隔も適当に開いており、まったく無理をした形跡がありません。引退後十分な休養を経て繁殖入りしており、繁殖ポテンシャルは高いと思われます。

初仔アウトオブオーダー(父サクラバクシンオー、牡)は2歳10月デビュー、21戦2勝。
二番仔アンドラライト(父ワイルドラッシュ、牡)は2歳6月地方デビュー、63戦4勝とタフに走っています。この時点で、繁殖ポテンシャルが高いのはほぼ間違いないです。
三番仔スタープラチナ(父ゴールドアリュール、牝)は、2歳12月デビュー、中央は9戦1勝。
四番仔ローガンサファイア(父ダイワメジャー、牝)は、2歳6月デビュー、9戦3勝。
五番仔ゴールドスーク(父ゴールドアリュール、牡)は、デビュー前。
本馬は六番仔。母が12歳の時の産駒です。


血統的には、本馬は5代アウトブリード。近親にサウスヴィクラス。
母父アウトオブプレイスは、現役時代25戦8勝、マイル−中距離で活躍。重賞勝ちはGIII一つだけですが、GIの2着が3度、3着1度と勝ちきれないながらも好走しています。ターントゥ系種牡馬です。
母母父スタードナスクラは、現役時代36戦15勝、GIIを3勝して、米最優秀スプリンターに輝いたナスルーラ系種牡馬です。

母ダークサファイアは、少しパワーがある種牡馬の方が合いそうですし、今回はフジキセキ産駒の新種牡馬キンシャサノキセキということで、距離も短−マイルのスペシャリスト、芝・ダート不問といきたいですね。

馬体サイズはちょっと小さめ、体高もないのと、トモ高でもないので、おそらくは440キロ台くらいの出走になりますかね。
歩様には欠点がほとんどないですね。

馬体は、見るからにバランス良く、気性は顔を見ると少しきつそうですが、首差しよく、肩から足もとにかけても非常に良くて、繋ぎも角度良く、クッションも良好です。胴回りも緩み無く、トモは張りがあって、長さはもちろん、幅もかなりあります。

トレーナーも申し分なく、価格はかなり安いと私は思いますがね−。

楽天馬の評価 ★★★★★★☆

posted by 楽天馬 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック