楽天馬のコメント

2013年09月06日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ライツェントの12)

母ライツェントは、現役時代4戦0勝。3歳9月で引退。キャロットで募集されており、ソニンクの産駒で、モンローブロンドやランフォルセの妹になります。


産駒は、本馬が初仔、母が5歳の時の産駒。
繁殖ポテンシャルが高いのは間違いないですね。


血統的には、今回はタニノギムレットとの配合で、ヘイローの4×5、リボー系グロウスタークの4×5などが入っていて、母系のスペシャルウィーク、マキャヴェリアン、ヌレイエフの累代は、マキャヴェリアンの活性力、ヌレイエフの遺伝力を背景に良い競走資質を遺伝してくれそうです。


馬体サイズは、牝馬という点、トモ高という点を差し引いてもマイナスでしょうね。早生まれですしね。
歩様は、いくつか気になる点があって、特に後肢の動きはマイナス要素ですね。
馬体は、全体的に線が細く、まだ幼い感じ。これでもう少しバランスが悪いと、成長しそうなイメージになりますが、意外とバランスが良いので、せいぜいプラス30キロ・・・あるいは、そこまでいくかなーって感じですね。
繋ぎの角度良く、素軽い感じはすごく良いですね。胴回りもしっかりしていて、このサイズにしてはトモを大きく見せて、幅こそまだこれからという感じですが長さはまずまずありますし、余計な筋肉の無い感じの馬体です。
この馬体でサイズがあれば申し分ないというバランスでしょう。


トレーナーは、う〜ん、どうですかねー。ちょっと不安と申し上げておきます。
価格は安いので、まあ調教過程を見て、馬体が丈夫そうだったらという感じでしょうか。

楽天馬の評価 ★★★★☆☆☆

posted by 楽天馬 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック