楽天馬のコメント

2013年09月06日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(イグジビットワンの12)

母イグジビットワンは、現役時代英1勝、ヨークシャーオークス(GI)4着、伊2勝、パオロメッツァノッテ賞(GIII)、カルロダレッシオ賞(GIII)勝ち、仏入着、ポモーヌ賞(GII)3着。
繁殖入りの経緯は不明。

初仔コスモグランデール(父キングマンボ、牡)は、2歳10月デビュー、8戦0勝。
二番仔(ミスターグリーリー、牝)は不明。
三番仔トップオブスターズ(シーザスターズ、牡)は、まだデビュー前。本馬が四番仔で母が10歳の時の産駒です。
繁殖ポテンシャルは、現段階ではよくわかりませんが、産駒の成績は今ひとつなので、本馬も体質のチェックは欠かせませんね。

血統的にはロベルト系シルヴァーホーク、ノーザンダンサー系サドラーズウェルズ、エタン系ダイイシスという累代。
スタミナ、底力は十分、スピードと決め手が欲しいところで、父がミスプロ−シーキングザゴールド系のマクフィでまずまず。後は日本の競馬に合うか、合わないかという感じ。
血統背景を見ると、サンデー系用の繁殖牝馬としての期待の方が大きい感じなので、価格はこの血統にしてはかなり控えめで、狙いやすそう。

馬体サイズは、中型でまったく問題なし。
歩様の欠点はかなり少なくて、唯一前足が遊ぶことくらいですか。繋ぎのクッションも良好です。
馬体は、かなり幼い馬体ですが、随所に良い筋肉がついていて、骨格も立派です。
特に、前後肢の筋肉量が多く、その割に足先が素軽そうに見えるのは、走る馬に共通の素養です。
肩も立派ですが、特にトモは秀逸、サイズ、容量、いずれもなかなかのものがあります。
胴回りが背タレでかなり幼い感じがありますが、成長した姿は、そこを隠して直線で結んだイメージです。かなり良い感じではないでしょうか。


トレーナーは、文句なし。
価格も安く、○外牝馬ですが、手は出しやすいですね。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック