楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(シェルズレイの12)

母シェルズレイは、大半の競争生活を芝中距離の重賞戦線で活躍し続けましたので、名前を知っている方も多いかと思います。
クロフネの代表産駒の1頭と言って良いでしょう。
5歳3月までに21戦して3勝を挙げています。その勝利数以上に、重賞常連だったというところで、やはり名牝の1頭と言って良いかと思います。
全弟がブラックシェル、半兄はダブルティンパニー(父サンデーサイレンス)。
引退後、その月か翌月には種付けされていますので、これはちょっときつかったですね−。

初仔から2012産の本馬まで4年続けて一環してディープインパクトと配合されていますが、デビューした産駒は全て1勝馬とまだ結果が出ていません。さすがに本家での募集が厳しくなったので、今回はこちらにまわってきたという感じでしょうか。
ただ、デビューした2頭の成績を見てみると、大崩れはしておらず、繁殖ポテンシャルの低い繁殖に見られがちな、急激な成績の落ち込みや回復の遅れなどは見られません。
そこは、母がまだ若いからかもしれませんが、繁殖適期内の9歳ですから、この辺で名誉挽回したいところですね。
もちろん、繁殖ポテンシャルは低い可能性がありますので、体質のチェックは慎重に。

馬体サイズは、問題ありません。
歩様は、後肢のアクションは、まったく感心しませんが、どのくらい競走に影響するかは不明です。繋ぎのクッションもそんなによくはないですが、まあまあ大丈夫でしょう。
馬体は、バランス良く。
かなり気性は激しいタイプに見えますね。
首差し良く、繋ぎも角度良く。胴回りはしっかりしていて、まだ幼い馬体ながら背中を短く見せています。
トモは、長さはそうでもありませんが、張りがあります。
トレーナーは、開業3年目、よく頑張っていますが、正直言ってまだまだ不安ではありますね。
価格は、私にはかなり高く感じます。

楽天馬の評価 ★★★★☆☆☆
posted by 楽天馬 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック