楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(クルソラの12)

母クルソラは、アルゼンチンの3歳牝馬チャンピオンで、GIを2勝した名牝で、祖母カロリカも重賞勝ち馬で、ブラックタイプとしては申し分ないですね。当初は、相当な競走成績から厳しいレースを走ってきたということで、繁殖入りの過程如何によっては、相当ポテンシャルは落ちている可能性があると思って見ていましたが、二番仔クローチェ(父ダイワメジャー、牡)のデビュー時期や成績、四番仔ピオネロ(父ネオユニヴァース)が共に早い時期に新馬勝ちしているところを見ると、疲労を残して繁殖入りした牝馬の産駒に特有の体質の弱さを示すような傾向は見られません。
そこそこ繁殖ポテンシャルは高いと評価してよいのではないかと思います。

血統的に母父がブラッシンググルーム系のキャンディストライプスで、ブルードメアサイアーとして良い競走資質を遺伝してくれます。それに今回は、ディープインパクトとの配合で、ディープ産駒の活躍馬に多い、リファールのクロスも発生しています。
ピオネロの時も、私は一緒に出資しているメンバーには推薦したんですよね。
この繁殖も、そろそろこの辺で代表産駒の登場となりそうな臭いがぷんぷんしていますよね(笑)
しかも今回は満を持してディープインパクトとの配合ですからね。逃すと大変なことになるかも(笑)
いずれにしても、本馬が10歳の時の産駒ですから、ここ2〜3年が買い時の繁殖と言えるでしょうね。

馬体サイズは、結構小さく、牝馬で遅生まれではありますが、出走時で440キロ台あれば良い方かも。
歩様は、後肢にちょこちょこ気になるところはありますが、いずれも許容内。
馬体は、バランスは良いですが、線は細い感じ。繋ぎの角度良く、ここがたぶんこの馬のセールスポイント。
胴回りは、遅生まれなのにしっかりしていて、トモはコンパクトですが、全体の中では大きく見せています。
トモの幅がそれほどでないのがどうかですが、ディープ産駒にありがちな感じなので、そこは減点はしません。

トレーナーは、文句なし。
価格は、安めなのが逆に心配かなー(笑)

楽天馬の評価 ★★★★★★☆
posted by 楽天馬 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック