楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(アディクティドの12)

母アディクティドは、独G3シュヴァルツゴルトレネン勝ち馬で、これを入れて現役時代は2勝です。2010年の春には引退していますので、遅くても4歳で引退していることになります。引退の状況がわからないので想像の域を出ませんが、重賞勝ち馬でこの時期に引退ということは故障などのトラブルの可能性が高いのではないかと推察します。いずれにしても、レース数はそんなに走っていないと考えるのが妥当だと思いますので、繁殖ポテンシャルは高いと判定したいと思います。 まだ母が6歳での産駒ですしね。

ブラックタイプを見ても、母の兄弟に種牡馬アカンバロなどがいて、なかなか活力があります。父ディクタッドは、インリアリティ系の旗手ウォーニングの直仔です。
ウォーニングの産駒には日本で活躍したカルストンライトオやサニングデールなどスピードと瞬発力に秀でた産駒が多いのが特徴ですが、ウォーニング自身の血の構成としてはロベルトなどスタミナに優れた血や、レイズアネイティブなど活性力の強い血も入っていて、非常にバランスの良い種牡馬です。ディクタッドは、父がこのウォーニングで、母父が大種牡馬サドラーズウェルズという血統。
日本の競馬適性の高い種牡馬との配合でこそその血が活きるという感じです。
本馬は、キングカメハメハとの初配合で、そういう点で期待感は十分。ここは狙い目と申し上げたいですね。

馬体サイズは、問題ありません。
歩様は、ほとんど欠点がないですが、唯一繋ぎが硬めですね。
馬体は、バランス良く、トモを大きく見せています。
首差し、肩、繋ぎの角度とも問題なく、胴回りは、幼い感じが若干あって、トモ高で少し背タレ、トモはボリューム感があって、大腿二頭筋がよく発達しています。

トレーナーは、開業3年目、よく頑張っていますが、正直言ってまだまだ不安ではありますね。
価格は、走り頃ということで、このくらいはしょうがないでしょうか。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆
posted by 楽天馬 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック