楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(リッチダンサーの12)

母リッチダンサーは、初仔が5歳ですから遅くとも4歳で引退しており、戦歴から見てもそれほど疲労感を残して繁殖入りしたとは考えにくいですね。

実際、初仔が英愛2000ギニーで3着に入るなど活躍しており、二番仔も勝ち上がって2勝以上しており、三番仔にあたる半兄ホーカーテンペスト(父ホークウイング、牡)も早いデビューで勝ち上がり、オープンクラスで活躍しています。そして、四番仔フロアクラフト(父フジキセキ、牝)の牝馬クラシックでの活躍は記憶に新しいところ、一つ上のバウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ、牝)も早いデビュー(8/4)が見込まれており、ここまで来ると、もう繁殖ポテンシャルは高いと判断して良いと思います。活躍馬がいつ出てもおかしくない繁殖ですが、年齢も12歳とだいぶ上になってきましたので、この2,3年が勝負でしょう。

2012年産のキングカメハメハとの配合の牡馬は、血統構成としても、芝向きな感じで、かなり期待が高いですね。
この産駒が、タイミング的にはこの母の代表産駒になってもおかしくないですよね。

馬体サイズは、マイナスになるほどは小さくなく、トモ高でまだ成長の余地はたくさんありますので、普通に中型馬になってくれると思います。
歩様は、欠点が少なく、繋ぎもまずまず。
馬体は、フロアクラフト、バウンスシャッセの3頭のカタログを並べて見てもよく似ています。
首差し良く、繋ぎの角度良く、胴回りはしっかりしていて、トモは大きく見せて、ボリュームも結構あります。

トレーナーは、文句なし。
価格は、このくらいはするでしょうね。

楽天馬の評価 ★★★★★★☆
posted by 楽天馬 at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック