楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ラフェクレールの12)

母ラフェクレールは、現役時代7戦未勝利、3歳9月に引退していて、5歳で産んだ本馬が初仔ですから休養十分です。
繁殖ポテンシャルはかなり高い。それは間違いないですが、まあちょっとヤンママですねー。


初仔なので、馬体がどうかですが、血統表を見てみると、ラフェクレールの兄弟や近親には、種牡馬アドマイヤコジーンをはじめ、タイキエンデバーなど大樹ファームの活躍馬が多数いてなかなか枝葉を広げています。

まあ、血統的に特筆するようなものもなく、母系はノーザンテーストとスペシャルウィークの累代。
本馬の場合、母父スペシャルウィークと父ハービンジャーの相性次第のところがありますが、確率はともかく、当たれば結構でかい感じですかね。


馬体サイズは、小さめ。体高も低く、トモ高で牝馬ということはありますが、早生まれですし、ちょっとマイナスですかね。
歩様は、非常に欠点が少なく、安定していますし、繋ぎのクッションも良好です。
馬体は、どっしりと四肢に体重が載っている感じで、マイラー体型。
繋ぎの角度良く、短めで故障は少なそう。
胴回りも、そんなに背タレではなくて、トモは、容積がありますね。私の手元の資料で、動画だと見た目以上と書いています。
半腱半膜様筋も腫れているかのように発達し、大腿筋膜張筋も影ができるくらい張り出してます。x

トレーナーは、ここ2年くらいはなかなかの成績ですが、まだ安定感があるとは言いがたいですね。
価格は安いので、狙い目ではないでしょうか。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック