楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(オレンジピールの12)

母オレンジピールは、現役時代25戦4勝。4歳9月に引退と短い期間でかなりコンスタントに、しかもオープンクラスを丈夫に走った印象があります。

産駒を見ても、繁殖ポテンシャルが高いのは明らかで、二番仔ブラックコンドル(父エルコンドルパサー、牡)、三番仔ラピッドオレンジ(父エルコンドルパサー、牝)と立て続けにオープン馬を輩出し、4番仔までは早いデビューから順調に勝ち上がっています。しかし、その後が続きません。その後の産駒は思ったような成績が残せず、本馬は9番仔です。
実は、このオレンジピールの年齢と共に産駒成績が低下していく傾向は、繁殖牝馬のタイプのひとつであり、種牡馬を選ばず良い産駒を輩出するタイプに多いパターンと言えます。
そういうことを考えると、この2012年産は母が18歳の産駒ですから、ここで活躍馬を出す確率は当然低くなりますが、これだけの名牝ですから、価格が安ければ、最後の最後にという期待もそれは持って良いと思います。ダンシングキイが、ダンスインザムードを最後の最後に産んだようなパターンですね。

血統的には、父ハービンジャーというより、母父サンデーサイレンスの決め手がうまく伝わってくれるかが、本馬の生命線と言えるかもしれませんね。

馬体サイズは、体重は少なく、管囲も細めで、トモ高、遅生まれ、牝馬ということを考慮しても、ちょっとマイナス。
歩様は、欠点が多く、後肢の飛節の動き、前肢が外向気味、繋ぎが硬めということで、減点対象。
馬体は首差し良く、肩、繋ぎの角度良く、胴回りは背タレですが、そんなに酷くないです。トモはそこそこボリューム感があって、まずまず張りがあります。

トレーナーは、まだ新米ですね。
価格は、まあこんなもんではないでしょうか。

楽天馬の評価 ★★★★☆☆☆
posted by 楽天馬 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック