楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(カメリアローズの12)

母カメリアローズは、現役時代23戦4勝。23戦という戦歴はかなり多い方ですが、ギリギリ許容内で、引退後繁殖入りまでの期間3ヶ月もギリギリ大丈夫という感じです。
さらに引退年齢6歳もポテンシャルが大きく落ちるリミット一杯と、総じて繁殖ポテンシャルはギリギリという感じです。

ただ、現役時代もレース間隔は上手に空けていて、さすが萩原調教師という感じで、繁殖入り直前半年はせいぜい2戦と推定され、それほど疲労感を残した感じもないので、そんなに神経質になる必要は無いでしょう。
むしろこれだけコンスタントにタフに走ったことには好感が持てますね。
母がタフに走ったから産駒もタフとは一概には言えませんが、その素養はあると見て良いと思います。


初仔アブラハムダービー(父ロージズインメイ、牡)が2歳7月デビューで勝ち上がっていて、三番仔ダローネガ(父ダイワメジャー、牡)がオープンで活躍しているのはご承知のとおりです。本馬は、5番仔で母12歳の時の産駒です。

血統的には、テスコボーイの直仔キタノカチドキ、ホワイトマズル、そして、今回はネオユニヴァースということで、まあホワイトマズルの底力のある重厚な血統と、ネオのスピードとスタミナを兼ね備えた血のブレンドで、クラシックディスタンスにぴったりな血統構成と言えると思います。

馬体サイズは、問題ないです。管囲もギリギリOK。
歩様は、後肢は右脚の動きが内に入るのが気になりますし、前肢は設置した時を見るとわかりますが、内向していますので、これもマイナスします。
繋ぎのクッションは良好です。
馬体は、非常にバランス良く、四肢にしっかりと体重が載っている感じ、首差し、肩、繋ぎの角度は、良好です。
胴回りは、まだ幼く、背タレではありますが、すっきりと見せています。
トモは、形良く、ボリュームもまずまず、横から見るより動画で後ろから見ると、幅があるのがわかります。

トレーナーは、まあ問題ないですし、価格も安いですね。

楽天馬の評価 ★★★★☆☆☆

posted by 楽天馬 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック