楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(プンティラの12)

母プンティラは、独オークス(GII)の勝ち馬で、姉にGI馬がいる良血です。

初仔の生年から考えて遅くとも4歳までに引退しています。
重賞戦線で走った馬で、その点疲労感も心配されますが、産駒の勝ち馬率もまずまずですし、三番仔パカマ(父Kalatos、牝)が、独2勝で、ヴィンターケーニギン賞(GIII)4着したことや、キャロットで募集されたペルレンケッテ(父ディープインパクト、牡)が3歳2月デビューで、4勝を挙げていることなどから繁殖ポテンシャルはそこそこ高いと思います。
ただ、ペルレンケッテ以降は、ディープインパクト、アグネスタキオン、ゼンノロブロイと立て続けにサンデー系種牡馬と配合されていますが、勝ち上がった産駒はおらず結果が出ていません。

今回はネオユニヴァースとの配合で、これまでのサンデー系種牡馬に比べるとエタン系の血が入っている分だけスタミナ色が強いイメージとなり、スピード持続型のドイツ系の母馬との配合で、中距離以降でのステージに活路を見いだしたいところです。

馬体サイズは、問題ないと思います。まだ、トモ高ですし、遅生まれの牝馬ということですからね。
まあ、腹袋がかなり立派なので、これから飼い葉になって、がくっと体重が減ることもあるかもしれませんが、まず大丈夫ですね。
歩様は、後肢の動きが気になるのと、前肢も癖があってあまり感心しませんので、そこはちょっとだけマイナスします。
繋ぎのクッションは良好です。
馬体は、首差し良く、繋ぎの角度良く、胴回りは立派な腹袋が目立ちますが、背中がすごく良くて、この時期にしては、背腰に筋肉がついていて、かなりしっかりしています。
トモは、まずまずのサイズですが、これから幅に出てきそうな形をしています。

トレーナーは、文句なし。
価格も、安めの設定だと思います。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆
posted by 楽天馬 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック