楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(フィックルベリーの12)

母フィックルベリーは、その母フィックルフレンズが、自分の出資馬では無いのですが、ちょっと思い出深い馬なので、その産駒フィックルベリーのさらにそのまた産駒が募集されるということに、ちょっと感慨深いですね(笑)
それはさておき、母フィックルベリーは、現役時代18戦2勝、5歳夏まで走って、半年以上休んでから種付けしていますので、繁殖ポテンシャルが高いのは間違いないですね。しかも、母7歳とまだピチピチです。
ポイントになりそうなのは母父クリプトクリアランスと日本の種牡馬との相性ですかね。

クリプトクリアランスは、現役時代44戦12勝、中距離を中心にGI4勝、重賞はそれを含めて8勝を挙げています。
産駒も、GI勝ち馬を結構輩出していて、血統も父はミスプロ系のファピアノ、母父はリボー系のトルロルフの直仔ホイストフラッグとなかなかの良血です。

血統だけ見ると、スタミナやパワーは十分で、ステイゴールドより、キンカメとかのスピードの勝ったマイラー気質のある種牡馬の方がさらに相性が良さそうにも思えるわけですが、サンデー系と配合するとヘイローのクロスが発生する血統なので、決め手という点ではそれもまた魅力的ですよね。

馬体サイズは、やはり初仔と言うこともあるのかかなり小さいですし、管囲も細め、ちょっとだけマイナスします。
歩様は、前肢の左前がちょっとだけ気になりますが、繋ぎのクッションも良くて、減点しません。
馬体は、全体的にまだかなり幼い馬体で、線も細いです。
首差し、肩、繋ぎなど角度は良いですが、いずれも華奢なイメージがあり、胴回りもまだまだ幼いですね。
トモは、角度は良いですが、ボリュームはまだこれからという感じです。
遅生まれで、この時点で評価するのはかわいそうな感じですね。

トレーナーは、まずまず。
価格はこんなもんでしょうか。

楽天馬の評価 ★★★★☆☆☆
posted by 楽天馬 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック