楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ティエッチマンボの12)

母ティエッチマンボは、現役時代24戦3勝。6歳11月まで走りました。レース数を見ると、かなり走らされた感じはありますが、引退した5歳時も5戦とそれほど無理に使われた感じはありませんし、。
引退後、適度に休ませてから繁殖入りしていますし、もともとのポテンシャルはまずまず高い繁殖であると推察されます。

初仔アドマイヤサクラ(父マーベラスサンデー、牝)は、2歳10月デビュー、10戦0勝。
二番仔アドマイヤメジャー(父アグネスタキオン、牡)は、3歳1月デビュー、28戦6勝。
三番仔ブロートトゥハー(父ネオユニヴァース、牝)は、2歳9月地方競馬デビュー、1戦0勝。
四番仔メダリオンスター(父スペシャルウィーク、牝)は、2歳9月デビュー、8戦0勝。
五番仔アドマイヤレイ(父ダイワメジャー、牡)は、2歳11月デビュー、11戦2勝。
六番仔エルマンボ(父ウォーエンブレム、牡)は、3歳1月デビュー、2戦1勝。
七番仔(スペシャルウィーク、牡)は、デビュー前、本馬は八番仔で母が15歳の時の産駒です。
四番仔までは、このままズルズルと成績が落ちるのかと思いましたが、その後少し持ち直しています。
ただ、これからはさらに確率が低くなりますので、馬体のしっかりした見極めが必要ですね。

血統的には、エルマンボの出来が良かったということで、今回もウォーエンブレムとの配合になりました。
ミスプロの3×3が発生しますが、まあ、このクロスの効用は?ですね。
ミスプロは、高い確率で競走資質の平均値を上げる種牡馬だと私は思いますが、それほど爆発力がある産駒を出しているわけではありません。

本馬の母系は、キングマンボ、ルーシーズネイティヴ、アイスカペイドという累代。
まあ、多少アイスカペイドのスピードというのはあっても、まずキングマンボの遺伝力頼みという感じですね。
父と母父が同じミスプロ系ですが、ウォーエンブレムは良い競走資質とパワーを伝えますし、キングマンボは軽いスピードを伝えてくれるので、意外と合っているようにも思います。

馬体サイズは、問題ありません。
歩様は、後肢の左はかなり不自然で感心しません。繋ぎのクッションは良好で、後は気になるところはありません。
馬体は、どっしりとした感じで、首、肩、繋ぎとも角度良く、肩の筋肉は立派ですね。
胴回りは腹袋が立派で、幼い感じではありますが、その割に背中がしっかりしていてあまり背タレに見えません。
トモは、容積があって、幅も結構ありますので、バネは結構あると思います。

トレーナーは、成績はそんなに良くはありませんが、キャロではゴルトブリッツやカルドブレッサのトレーナーで、まずまず大丈夫かと。
価格は、稀少なウォーエンブレム産駒なので、このくらいでしょうか。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆
posted by 楽天馬 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック