楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(トキオタヒーチの12)

母トキオタヒーチは、現役時代21戦2勝とタフに走りました。繁殖入りするまでに4〜5ヶ月休養していますので、繁殖ポテンシャルは、問題なく高いですね。

実際、産駒も初仔ボトムフィッシャー(父ダンスインザダーク、牡)が、未勝利ながら2歳12月デビュー、二番仔ハギノプレシャス(父フレンチデピュティ、せん)が、37戦3勝、三番仔がキャロットで募集されたランザローテ(父アグネスタキオン、牡)が3歳6月デビューで、13戦6勝、プロキオンS(GIII)に勝っていますから、繁殖ポテンシャルが高いのを裏付けています。
相手種牡馬によっては、非常にタフに走る産駒が出ているのは好感が持てますね。

ただ、繁殖適期を外れてきましたので、確率は低くなります。その後もアドマイヤヴィート、アドマイヤジェット、スカラブレイ、マルケサス(いずれも牡馬)が勝ち上がり、一つ上のライロア(父ダイワメジャー、牡)はまだデビュー前ですが、初仔以外は全て勝ち上がっており、体質的に弱い産駒も時々出していますので、その辺のチェックは必要ですが、それにしても十分名繁殖と言えると思います。
本馬は、9番仔と母が18歳の時の産駒で、最後の一花という感じではありますが、こういうタイプの繁殖は最後まで要チェックと申し上げておきます。


血統的には、アイスカペイドの5×3、ニアークティックの4×5、ラウンドテーブルの5×5が入っていますが、まあ、ラウンドとニアークは、ちょいと深いのでその効用はどうかな−。
普通に考えればアイスとニアークはスピード強化、ラインドはスタミナ強化という感じでしょうか。
まあ、それよりも馬体、そして体質ですな−。そこがクリアされれば、走るでしょうね。

馬体サイズは、問題ありません。
歩様も欠点がほとんど無くて、繋ぎのクッションも良好です。
馬体は、筋肉がほどよく良いところについていて、この繁殖の良さが出ています。
首は少し太め、肩は角度良く、立派で、繋ぎの角度も良好です。
胴回りは、まだ幼いですが、背中も割合しっかりしていて、トモはまだ発展途上で、幅はあまりありませんが、容積はあるので、これから発達してきそうです。半腱半膜様筋もふんわりと下に腫れていて良いですね。

トレーナーは、文句なし。価格も牡馬ですから安いですね。
体質さえ問題なければ走ると思います。

楽天馬の評価 ★★★★★★☆

posted by 楽天馬 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック