楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(グレイトフィーヴァーの12)

母グレイトフィーヴァーは、初仔が6歳ですから、遅くとも5歳には引退しています。
母が重賞戦線で活躍したことを考えれば、早めの引退と言えますので、繁殖ポテンシャルとしてはプラスに違いないです。
産駒の活躍を見ていると、多少疲労感を残して引退したケースに見られるような傾向である遅いデビューの産駒が非常に多いですね。

初仔ルバイヤート(父シアトリカル、牡)は、3歳7月デビューで、4戦して中央未勝利。
二番仔ヒカルアモーレ(父クロフネ、牝)は、3歳2月デビューで、13戦2勝。
三番仔テイクバイストーム(父ファルブラヴ、牝)は、3歳1月デビューで、26戦3勝。
四番仔ヒカルプリンス(父キングカメハメハ、せん)は、2歳8月デビューで、50戦6勝。
五番仔ラフォルジュルネ(父スペシャルウィーク、牝)は、3歳1月デビューで、29戦4勝。
六番仔ディアピクサス(父ディープインパクト、牡)は、3歳3月デビューで、1戦未勝利。
七番仔アーデント(父ディープインパクト、牡)は、2歳7月デビューで、12戦3勝。
八番仔ラブラバード(父スペシャルウィーク、牡)は、2歳9月デビュー、7戦1勝。
九番仔サンジェナーロ(父マンハッタンカフェ、牡)は、デビュー前。
本馬が十番仔で、母が15歳の時の産駒。既に繁殖適期は外れていますが、産駒成績からそもそものポテンシャルは高いと推察されます。
ただ、走る確率は確実に落ちていることも考慮に入れる必要がありますね。

血統的には、走った産駒に特に何か特徴があるわけでもなく、決め手となりそうなクロスがあるわけではなく。本馬も含めてアウトブリードの産駒が多いですね。
母系の底流はスタミナたっぷり、ネヴァーベンド系のスピード持続力というか粘り、カロ系の決め手、ゼンノロブロイのポテンシャル如何では、活躍も十分あり得ると思います。

馬体サイズは、問題ありません。
歩様は、後肢にちょこちょこ気になるところはありますが、減点するほどではないと思います。
繋ぎのクッションは良好で、前肢は欠点がほとんどありません。
馬体は、この母の産駒はいずれもそうですが、バランスが良いですね。
首差し良く、繋ぎの角度良く、胴回りは腹袋が立派で、幼い体型ながら背中は割合しっかりしていて、トモは、長さこそそこそこですが、動画を見ても幅が結構あって、なかなかボリュームがあります。

トレーナーは、良い感じです。
価格は、もう少し安くして欲しかったですね。母が高齢なってきたので、そこの評価だけでしょうね。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆
posted by 楽天馬 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック