楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ハートビートワルツの12)

母ハートビートワルツは、現役時代は、地方デビューで、1戦0勝、ほとんど痛んでおらず、その後も休養たっぷりで繁殖入りしていますので、繁殖ポテンシャルは、ほぼ満タンと言って良いかと思います。


初仔オルケゾグラフィ(父スペシャルウィーク、牡)は、3歳1月デビュー、4戦0勝、二番仔ナイトホークス(父スペシャルウィーク、牡)も、3歳1月デビューで、中央は未勝利で地方に移っています。三番仔ミッキータイム(父ゼンノロブロイ、牡)は2歳11月デビューで、4戦0勝。
まだ、繁殖として実績を出せていません。本馬は、母が9歳の時の産駒ということで、まだ繁殖適期内。
十分活躍馬を出す可能性があると見て良いと思います。


血統的には、ちょっと深いクロスが発生していますが、どれも効果ははっきりせず。
ヘイロー系×ロベルト系は、活躍馬多数、ただ、ハーツクライ産駒ではまだ結果が出ていません。

母系が、インリアリティ、ノーザンダンサー、そしてブライアンズタイムと、非常に遺伝力の強い種牡馬が並んでおり、その競走資質が素直に出てくれれば活躍馬は普通に登場するはず。
結果は出ていませんが、ここはひとつ父ハーツクライとの相性に賭けるという感じでしょうね。

馬体サイズは問題ありません。
歩様は、前後ともちょこっと気になるところはありますが、マイナスするほどではないと思います。
繋ぎのクッションは良好です。
馬体は、早生まれの割にはまだ随所に幼さがあって、首は太め、肩、繋ぎの角度良く、胴回りは腹袋が立派で、背タレではありますが、背腰に筋肉があって、幼い体型の割にはだらしなくは見えません。
トモは横から見ると張りがあって良く見えますが、動画で見ると幅があまり無い感じで、これから大きくなってくるのに期待したいです。

トレーナーは、まずまず大丈夫だと思います。
価格は、牡馬ですので、こんなもんでしょうね。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック