楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(シルバーチャリスの12)

母シルバーチャリスは、アイルランド産、その母シルバーレーンは、仏3勝馬、グロット賞(GIII)勝ちなど重賞戦線で活躍した牝馬で、日本では、スプリンターズSや安田記念を勝ったブラックホークの母と言った方がわかりやすいですね。つまりシルバーチャリスは、ブラックホークの半妹ということになります。
不出走ですから繁殖ポテンシャルは、高いと思いますが・・・。

初仔は5歳の時で、ブラックチャリス(父ロックオブジブラルタル、牝)で、2歳8月デビュー、8戦0勝。
二番仔スコアズビー(父ロックオブジブラルタル、牝)は、2歳7月デビューで、11戦0勝。
三番仔ピンクチャリス(父アグネスタキオン、牝)は、3歳7月デビュー、2戦0勝。
四番仔ジェノアチャリス(父アグネスタキオン、牡)は、2歳10月デビュー、5戦0勝。
五番仔ホーリーチャリス(父ネオユニヴァース、牝)は、3歳1月デビュー、2戦0勝。
六番仔が本馬で、1年空胎したようですね。
と、まだ産駒が未勝利。結果がまったく出ていません。

血統的には、本馬の母父がブラッシンググルーム系レインボウクエスト、母母父がロベルト系シルヴァーホークと、日本でも結構な実績を残している血統の累代で、走るはずなんですがね(笑)
相手を選ぶタイプの繁殖だとしたら、今回は初配合のダイワメジャーですから、そこに期待したいところですね。

馬体サイズは、ちょっと大きめですが、そんなに増えそうな馬体バランスでもないので、減点しません。
歩様は、前後ともちょこちょこっと気になるところはありますが、許容内と判断します。繋ぎのクッションは良好です。
馬体は、まずまずのサイズの大型馬になると思いますが、その割にはスレンダーですっきりしていて、仕上げにくそうにはまったく見えません。首差しはまずまず、肩、繋ぎの角度は良い感じです。
胴回りはすっきり見せ、若干背タレですが、この時期としてはそんなに気になるほどではありません。
トモは、横から見るとコンパクトですが、幅もそんなに無くて、これからの成長に期待という感じでしょうか。

トレーナーは、まあ大丈夫でしょう。
価格は、牡馬ですからお買い得かも。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆
posted by 楽天馬 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック