楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ササファイヤーの12)

母ササファイヤーは不出走。


初仔クイーンダム(父Monarchos、牝)は、米4勝。
二番仔プラテアード(父シルヴァーデピュティ、牡)は、2歳10月デビュー、28戦5勝。
三番仔クロワッサンルナ(父フレンチデピュティ、牝)は、3歳6月デビュー、2戦0勝。
四番仔ティアレ(父キングカメハメハ、牝)は、2歳11月デビュー、中央は9戦1勝。
五番仔フローガ(父アグネスタキオン、牝)は、2歳11月デビュー、3戦0勝。
六番仔マズルファイヤー(父ホワイトマズル、牡)、2歳6月デビュー、8戦1勝。
七番仔はデビュー前、本馬が八番仔で、母が13歳の時の産駒。
これまでの成績を見てもわかるとおり繁殖ポテンシャルが高い繁殖です。
ただ、何頭かの産駒は、体質的ば不安を抱えたことから、母も少しずつ高齢になってきているので、体質面のチェックは必要ですね。


血統的には、母系が北米リーディングサイアーに輝いた良血セイントバラード(父ヘイロー)と、ワイルドアゲインの父アイスカペイドという累代で、かなり底力がありそうです。
今回は、父キンシャサノキセキとの配合で、当然のごとくヘイローの4×3が発生しており、スピードと決め手には困らないという感じ。


馬体サイズは、まったく問題ありません。ちょうど良いです。
歩様は、前後ともちょこちょこ気になるところがありますが、減点するほどのものではないと思います。
繋ぎのクッションは良好ですね。
馬体は、まだかなり幼いですね。首差し、肩はまずまず。繋ぎは少し立ち気味ですが、先ほど書いたとおりクッションが良いのでそんなに気にしなくて良さそうです。胴回りは、典型的なトモ高、背タレの幼い体型。
まあ、ササファイヤー産駒は、この時期はこういう感じですね。
トモは、コンパクトで、そんなにボリュームがありません。筋肉の発達もまだこれからという感じ。

トレーナーは、まずまずではないでしょうか。
価格は、まあ良いところでしょう。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆

posted by 楽天馬 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック