楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(セメイユドゥヴォンの12)

母セメイユドゥヴォンは、現役時代英1勝。

初仔ワールドロレックス(父ロックオブジブラルタル、牡)は、3歳9月デビューで、29戦1勝。
二番仔ヴィヴルヴォン(父ゼンノロブロイ、牡)は、3歳6月デビューで、6戦0勝。
三番仔タムロプリンセス(父アグネスタキオン、牝)は、2歳7月デビューで、6戦0勝。
四番仔セメイユドラフェ(父ハーツクライ、牝)は、2歳11月デビューで、2戦0勝。
五番仔ロンギングシャネル(父ネオユニヴァース、牝)は、3歳6月デビューで、3戦0勝。
六番仔(父デュランダル、牡)は、まだデビュー前、本馬は七番仔で母が11歳の時の産駒です。

血統的には、母系はサドラーズウェルズ、ニジンスキー直仔のロイヤルアカデミー、プリンスキロ直仔のラウンドテーブルという累代。
底力、粘り、スタミナという感じで、素軽いスピードと決め手が欲しいところで、今回のスニッツェルとの配合は、シンプルにスピードを追求した感じで、牝馬なのも好印象ですね。

馬体サイズは、まずまず、管囲が若干細めというくらい、後は問題ありません。
歩様も欠点らしい欠点はほとんど無く、繋ぎのクッションは良好です。
馬体は、首差し良く、肩、繋ぎとも角度が良いです。
胴回りは、立派な腹袋で、まだ背タレ気味で多分に幼い感じはありますが、背腰はしっかりした感じです。
トモは、まずまず容積があって、これから半腱半膜様筋辺りが発達してきそうな素養が感じられます。
幅も結構あって、なかなかのボリューム感と言って良いと思います。

トレーナーは、成績はそんなに良くはありませんが、キャロではゴルトブリッツやカルドブレッサのトレーナーで、まずまず大丈夫かと。
価格は、この馬体ですから、すごい安いと思いますが、まあ母の成績が余り良くないということでの価格でしょうかね。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆
posted by 楽天馬 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック