楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(レストレスハートの12)

母レストレスハートは、現役時代中央では4戦0勝、その後地方で8戦1勝、4歳11月で引退しています。
引退後3ヶ月程度はあけてから繁殖入りしていると推察され、繁殖ポテンシャルはまずまずあると思って良いかと思います。

初仔サダムアンビション(父ホワイトマズル、牝)は、2歳10月デビュー、中央では3戦0勝。
二番仔トレッドオンエアー(父キングカメハメハ、牡)は、2歳9月デビュー、中央は6戦0勝。
三番仔(クロフネ、牡)はデビュー前、本馬が四番仔で、母が9歳の時の産駒です。
産駒実績が示すように、この母の産駒は、瞬発力に欠けるところがあり、その点、父から決め手の補強は必須になります。

血統的には、母父サンデーサイレンスの資質の発現に依存していますので、ある意味チチカステナンゴとサンデーの相性がそのまま出ると言っても良いかと思います。

馬体サイズは、ちょっと小さいですね。管囲も細めなので、減点対象ですね。
歩様は、欠点らしい欠点はないと思います。
馬体は、首短め、肩はでっかい筋肉をしょっていて、繋ぎは少し立ち気味。でもクッションが良いのでそんなに気にしなくて良い程度。
胴回りはすごく雄大。背中もこの時期としてはかなりしっかりしています。
トモは大きく見せますが、メリハリは無いので、これから一旦しぼんで実が入ってくる感じ。
でも容積があるというのは良いことですね。

トレーナーは、今年デビュー。ご祝儀の預託って感じでしょうか。
価格は安いですが、まあ馬体でしょうね。

楽天馬の評価 ★★★★☆☆☆
posted by 楽天馬 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック