楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(トップライナーUの12)

母トップライナーUは不出走。代表産駒に、メイトリアークS(米GI)勝ち馬スタービリング。

本馬は、母が10歳の時の産駒。

血統的には、母系はミスプロ系ガルチ直仔のサンダーガルチ、インリアリティ系リローンチ、レイズアネイティヴ系マジェスティックプリンスという累代。米二冠馬で北米リーディングサイアーのサンダーガルチ、種牡馬として成功したリローンチ、米二冠馬マジェスティックプリンスなど米血脈の集積という感じの血統構成。
今回はサドラーズウェルズ系メダグリアドーロとの配合。
メダグリアドーロは、現役時代トラヴァースS、ホイットニーHなどGI3勝、重賞7勝を含む17戦8勝の中距離馬、種牡馬としても成功し、あのゼニヤッタと比肩される名牝レイチェルアレクサンドラ、ケンタッキーオークス馬プラムプリティなどを輩出しました。
血統的な魅力は十分で、パワーは申し分ないですが、スピード値がどの程度かで、日本の競馬適性で全てが決まりそう。
牝馬ながらダートではかなりの破壊力を見せてくれそうです。

馬体サイズは、ちょうど良く、管囲もギリギリOKです。
歩様は、欠点が少なく、まああっても許容内。
馬体は、牝馬とは思えないですね。
首は長くて根っこが太いです。
肩はちょっと立ち気味、繋ぎもちょびっと立ち気味です。
胴回りは、幼さが多少あって、腹袋も立派な感じ。
まあ伸びやかですが、背タレ気味と言って良いでしょう。
トモは長さがあまりなくて、幅もなくて、実にコンパクト。
これでこの馬体は、どうなんでしょうか。
でも、動画をよく見ていると、このトモにバネがかなりありそうなんですよね。不思議だなー。

トレーナーは、好みでしょうが、私は結構好きな方です。
価格は、この血統ですから、かなり安めですね。

レイチェルアレクサンドラを輩出した父の産駒ですので、もっと高くても良いと思ったりもするんですが、やはりこの馬の体型は日本で走っている競走馬のイメージからすると、手が出しにくいということで、この価格なんですかね。
実は、母父がミスプロ系ってところも、レイチェルアレクサンドラと血統構成もかなり近いんですよね。
でも、この馬本当に走るのかなー・・・カタログ隣のページのピンクアリエスが、まさに日本で良い成績を残している牝馬の体型だとすると、本馬は・・・。でも、わからないなー。走るかもしれないしなー。まったくわからないでーす(笑)
この馬だけは、まったくわからん。まさに規格外(笑)

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆ 
posted by 楽天馬 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック