楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(ミーUの12)

母ミーUは、現役時代未勝利。
その母と祖母が英重賞勝ち馬とのこと。本馬は、母が9歳の時の産駒。

血統的には、父メディシアンは、日本ではあまり馴染みがありませんが、その父がマキャヴェリアン、母父がストームバードという累代。現役時代12戦6勝、エクリプスS(GI)、ロッキンジS(GI)、セレブレーションマイル(GII)、クイーンアンS(GII)勝ち、種牡馬になって産駒がノーザンダンサー系、特にダンジグ系の繁殖との間で複数活躍馬を出しており、今回の母父グリーンデザートとの配合もそこに起因しているのかもしれません。
母父グリーンデザートは、ジュライC(GI)を勝ち、英2000ギニー(GI)でも2着に入り、14戦5勝の成績、種牡馬として成功し、世界にその血を広めているダンジグ系の後継種牡馬の1頭です。日本国内に輸入された産駒でもシンコウフォレスト、メジロダーリング、シンボリスウォード、コスモシンドラーなどが活躍しました。

馬体サイズは、ちょうど良いですね。
歩様は、左後肢を前に出したとき、飛節の位置が開き気味になるのが、ちょっとだけ気にはなりますが、減点するほどではないと判断しました。後は、欠点が少なく、繋ぎのクッションも良好です。
馬体は、一目見て良いボリューム感だと思いました。
首差し良く、肩にはどっしりと筋肉をしょっていて、繋ぎの角度はちょっと立ち気味ではありますが、短めですし、クッションが良いので問題ないと思います。
胴回りは、まだ幼さがあって、腹袋が大きく見えて、背タレ気味ですが、まあ、これは解消するから心配ないですね。
トモは、大きく見せていて、大腿筋膜張筋も良く発達し、半腱半膜様筋もきれいに割れて、動画で後ろから見ると、幅も結構あります。

トレーナーは、文句なし。
価格は、この血統ですから安いです。本馬が走る前からこんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、実は繁殖としても魅力は、かなりのものがあって、父がマキャヴェリアンの直仔、母父がダンジグ系のグリーンデザート、祖母が英重賞勝ち馬。
この馬に、サンデー系を配合すると、どんな種牡馬でも走りそうです(笑)

楽天馬の評価 ★★★★★★☆
posted by 楽天馬 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック