楽天馬のコメント

2013年09月08日

キャロットクラブ2013年募集馬診断レポート 総合評価(レーヴディマンの12)

母レーヴディマン(Reve d'Iman)は、現役時代13戦1勝。産駒にマクトゥーム殿下が所有していた愛1000ギニー(GI)の勝ち馬バトラー(父マルジュ、牝、2007年生)がいます。
このバトラーの全姉のアルレシャ(父マルジュ、牝、2006年生)も既に日本に輸入されています。
母レーヴディマンも含めて、これら一族の馬の輸入には、レーヴディマンの全姉レーヴドスカーの繁殖成績が影響しているのは間違いないでしょう。レーヴディソール、レーヴダムールなど日本の高速競馬によく合った、この血統の確かな決め手は非常に魅力的です。

本馬は、母が11歳の時の産駒。

血統的には、ゼダーン系ハイエストオナー、ブラッシンググルーム直仔のバイアモン、ニジンスキー直仔のグリーンダンサーという累代。良い競走資質を遺伝する種牡馬が並び、決め手と底力は十分。ただ、今回はモンジューとの配合で、ちょっと重たいかな。

馬体サイズは、結構小さいです。体高もあまりありません。遅生まれですが、牡馬ということで、まあ減点対象にはなりますね。
ただ、管囲はまずまずあるんですよね。このサイズですから、そこは救いですね。
歩様は、欠点らしい欠点は見当たりませんでした。
馬体は、気性がかなりきつそう。
首差し良く、肩も角度はまあまあ、繋ぎの角度は良くて、クッションも良好。
胴回りは、まだ幼くて背タレ気味、トモ高。
トモは、まだ実が入っていない感じで、メリハリは無く、でも良いところに容積を確保していて、動画で見ると、コンパクトで有りながら相当バネは強そうな印象でした。

トレーナーは文句なし。
価格は、まあ、この血統ですからね。
でもはっきり言って、このサイズでは明らかに高いでしょ。
一口15万円なら、ぐらぐら来る人も結構いるんではないでしょうか。
もちろんそれ以下、10万円くらいなら、もう小さくても買っちゃえって感じの馬。
もし、走ったら、そのスケール感は、ワールドクラスでしょうね。

楽天馬の評価 ★★★★★☆☆
posted by 楽天馬 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【2013年募集馬関係】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック