2014年09月06日

3.クイックリトルミスの13

3.クィックリトルミスの13
父ディープインパクト、母父フロイド
<牝>
4/13生まれ
価格3600万円

母クィックリトルミスは、米国の重賞戦線で活躍した馬で、9歳と今まさに繁殖適期。
まだ産駒は結果を残せていませんが、そろそろ活躍馬が出そうだと思うのは私だけでしょうか。
というか、この辺で活躍馬が出ないと繁殖としては厳しくなります。
11年産のデコイが本馬の全兄に当たります。
この馬、思うように良績を残せていませんが、勝ち上がっているところに注目したい。
ハープスターの全兄ピュアソウルもそうだったように、全兄がそこそこでも全妹が活躍するケースは少なくありません。
よって、この馬も注目したいですね。
血統表を見ると、母父がストームキャットの直仔のフロイド。
パワーが勝った種牡馬ですが、本馬の馬体を見る限り、父が強く出た感じですので芝で十分いけると思います。
セクレタリアトのクロスは、日本では珍しいですね。
ちょっと離れているので効用はいかほどかわかりませんが、まあ自力強化に多少つながれば良いかなって思います。

本馬の馬体サイズを見ると、少し遅生まれなので、出走時で440前後くらいでしょうか。
牝馬ですのでまあ大丈夫ですね。
馬体の割に管囲が太いのはセールスポイント。骨瘤などとは無縁という感じ。
この馬、立ち姿を見るとわかるとおり、サイズ以上にしっかりした立ち姿をしています。
こういう馬は四肢にしっかりと均等に体重が乗っていて、走る馬に多いタイプ。
おそらく関東のディープ産駒の募集馬の中では一番安定した立ち姿をしていると思います。
トモの大腿筋膜張筋の張りはよく、半腱半膜様筋もすでに割れていてこれから発達してきそうな素養を感じます。
繋ぎがなんとも良い感じで私好み。背中も良いですね。顔は凛としていかにも賢そう。
手綱もゆるく性格も人には従順そうです。何より全体の馬体バランスは秀逸と言えます。
歩様も確かで、繋ぎのクッションも良くて、欠点らしい欠点は見当たりません。
全体的に力強さはまだまだ足りないですが、牝馬ですし、これからの成長でそこはカバーしてくれると思います。
牝馬ですが、ディープ産駒ですので、まあまあ妥当な価格設定と言えるのではないでしょうか。
【楽天馬の評価】★★★★★★(6)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404968377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
【キャロットクラブ2015年募集馬診断レポート】
管理人である楽天馬の独断と偏見によるキャロットクラブ2015年募集馬の診断レポートですので、参考程度にご覧ください。
1.フラニーフロイドの14
2.ジンジャーパンチの14
3.ラドラーダの14
4.リュヌドールの14
5.イグジビットワンの14
6.メジロダーリングの14
7.ラクカラチャの14
8.シーズンズベストの14
9.ディアデラノビアの14
10.スナップショットの14
11.キューの14
12.ピューリティーの14
13.マイティースルーの14
14.ヒシシルバーメイドの14
15.アドマイヤセラヴィの14
16.クレヨンルージュの14
17.ポトリザリスの14
18.メジロフォーナの14
19.エンシェントヒルの14
20.リッチダンサーの14
21.スターぺスミツコの14
22.ティフェンの14
23.ボルボレッタの14
24.カスタリアの14
25.フェルミオンの14
26.フォルテピアノの14
27.モンプティクールの14
28.トキオリアリティーの14
29.カドリーユの14
30.シャンスイの14
31.グリッターカーラの14
32.ハンドレッドスコアの14
33.ケイティーズジェムの14
34.テイクワンズアイの14
35.ヴェラブランカの14
36.クリンゲルベルガーの14
37.ドレスデングリーンの14
38.カラベルラティーナの14
39.Sweet Dream Babyの14
40.パーシステントリーの14
41.レーヴディマンの14
42.ジャッキーテーストの14
43.トゥザヴィクトリーの14
44.シーザリオの14
45.データの14
46.リリサイドの14
47.ココシュニックの14
48.シェアザストーリーの14
49.グレイトフィーヴァーの14
50.ヒストリックスターの14
51.リーチコンセンサスの14
52.パーフェクトジョイの14
53.インパクトゲームの14
54.マルティンスタークの14
55.シンハリーズの14
56.アマルフィターナの14
57.ペニーホイッスルの14
58.エポキシの14
59.スルーレートの14
60.ポロンナルワの14
61.ハルーワソングの14
62.マチカネホレルナヨの14
63.ヴァリアントレディの14
64.フローリッドコートの14
65.エルダンジュの14
66.ヴァイスハイトの14
67.シーズアンの14
68,ベネディーレの14
69.ウエストコーストの14
70.キスショットの14
71.マヒナの14
72.カメリアローズの14
73.ラフィントレイルの14
74.メガクライトの14
75.アビラの14
76.キャンパスライフの14
77.メジロジョーンズの14
78.セレブレイドコールの14
79.ブルーメンブラットの14
80.メジロシャレードの14
【キャロットクラブ2014年募集馬診断レポート】
キャロットクラブの2014年募集馬(2013年産)の私なりの診断レポートです。
1.ジンジャーパンチの13
2.オールザウェイベイビーの13
3.クイックリトルミスの13
4.ケルアモーレの13
5.オーベルゲイドの13
6.モンローブロンドの13
7.ドルチェリモーネの13
8.キューティーゴールドの13
9.ヒカルアモーレの13
10.エンシェントヒルの13
11.ラドラーダの13
12.モンプティクールの13
13.コーレイの13
14.リーピングキャットの13
15.ヴィアンローズの13
16.アネモティスの13
17.エカルラートの13
18.ラズベリータイムの13
19.イグジビットワンの13
20.カニョットの13
21.バイラオーラの13
22.プリンセスカメリアの13
23.カラベルラティーナの13
24.トレッビアーノの13
25.クロノロジストの13
26.クレヨンルージュの13
27.サイレンスギフトの13
28.ハルーワソングの13
29.メガクライトの13
30.リッチダンサーの13
31.マイティースルーの13
32.クレヴァリーの13
33.フェルミオンの13
34.ファ-ストチェアの13
35.アウトオブタイムの13
36.アドマイヤサンデーの13
37.ヒルダズパッションの13
38.レディドーヴィルの13
39.シンハリーズの13
40.レーヴディマンの13
41.シーザリオの13
42.ディマクコンダの13
43.ルミナスグルーヴの13
44.マクダヴィアの13
45.ジュモーの13
46.ディアデラノビアの13
47.ヴェラブランカの13
48.ブルーメンブラットの13
49.ジュピターズジャズの13
50.ササファイヤーの13
51.フォルテピアノの13
52.クリソプレーズの13
53.リーサルヒートの13
54.ココシュニックの13
55.ヒストリックスターの13
56.カメリアローズの13
57.ガヴィオラの13
58.キッズトゥディの13
59.リリサイドの13
60.ワイオラの13
61.マンボスルーの13
62.リーチコンセンサスの13
63.ムガメールの13
64.ダンスザクラシックスの13
65.ミスエアクラフトの13
66.ブロードアピールの13
67.マチカネホレルナヨの13
68.ファーレサルティの13
69.リードストーリーの13
70.マギストラの13
71.シャンスイの13
72.スキッフルの13
73.ジューンアナガリスの13
74.レストレスハートの13
75.クリンゲルベルガーの13
76.プルーフオブラヴの13
77.イサドラの13
78.スターリットラヴの13
79.ムービングアウトの13
80.クルソラの13