楽天馬のコメント

2014年09月07日

33.フェルミオンの13

33.フェルミオンの13
父ベーカバド、母父アグネスタキオン
<牡>
5/3生まれ
価格1400万円
母フェルミオンは、現役時代13戦1勝。
繁殖入りぎりぎりまでレースをしていますので、そこは感心しませんが、その前がかなり空いているのでその分疲労は少ないように思います。
まだ、初仔がデビューしていないので、傾向はわかりません。本馬が二番仔になります。
また、母フェルミオンの兄姉にはタイキフォーチュンやタイキリオン、タイキダイヤなど活躍馬が多数いるなかなかの血統です。
血統表を見ると、母父アグネスタキオンで、サンデー系母父と新種牡馬ベーカバドとの相性に注目ですね。
べーカバドは、シーザスターズやウィジャボードといった名馬を輩出したケープクロスの直仔。
その父グリーンデザートからケープクロスへと受け継がれた活性力の強さ、これを受け継いでいると期待されて日本で種牡馬入りしたのだと思います。
現役時代は、芝の短距離からクラシックディスタンスまでカバーし、2400メートルのパリ大賞典を制しています。
本馬は、血統表から見ると中距離馬ということになりそうです。
馬体を見ると、顔はなかなか凛々しくて、気性はかなり荒そうです。
首差しは、細めで、肩の角度は急で、馬体バランスから見ても距離は短めでしょう。
繋ぎの角度は立ち気味で、胴回りは幼い感じが出ていますが、背中は割合しっかりしています。
トモは、ボリュームはまだまだですが、張りがあって良い筋肉の発達が見られます。
サイズは小さめですが、遅生まれですので、おそらく440キロ以上にはなってくると思われますので、問題ないでしょう。
管囲も太いので、その辺の故障は大丈夫そうです。
歩様は、大きな欠点はありませんが、繋ぎのクッションは硬いですね。
価格はまずまずだと思います。
【楽天馬の評価】★★★★(4.5)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック