楽天馬のコメント

2014年12月28日

さあ、今年も有馬記念

楽天馬です。

師走とはよく言ったもので、バタバタしているうちに仕事納めとなりました。
昨日、残務整理をして帰って、掃除をして、札幌に帰る準備をして、そして有馬記念予想をして・・・
バタンキュウで眠る予定が、有馬記念が気になってなかなか寝られません(笑)

ギャロップ誌の写真を見てみると、馬体だけならジャスタウェイ、ゴールドシップ、エピファネイア、ワンアンドオンリー、ラキシス、フェノーメノ、ラストインパクト、サトノノブレス、ウインバリアシオン、オーシャンブルーは、前走以上に見映えがします。

しかし、ジェンティルドンナ、トーセンラー、メイショウマンボ、ヴィルシーナ、トゥザワールド、デニムアンドルビーも変わらず良い・・・ということは、まあ展開次第でどの馬が勝ってもおかしくないというのが、馬体だけ見た感想です。

でも、それでは予想できないので、前走以上という見映えがする馬体の馬をまずチョイスしますと、ゴールドシップ、ジャスタウェイ、フェノーメノ、ワンアンドオンリー、ラストインパクト、ウインバリアシオンの6頭。

ゴールドシップは、凱旋門賞の後に休養させたのが完全に奏功しましたね。
凱旋門賞組で、この馬だけはまったく疲労感無く出走できると思います。
岩田騎手は、道中中団くらいで進める気がしますが、この馬のグランプリとの相性を考えるとトップでゴールする可能性は十分ですね。
特にステイゴールド産駒は、有馬記念向きの脚質だと思います。
そのステイゴールド産駒の出走馬は、あとフェノーメノとオーシャンブルー。
特に馬体に迫力が戻ったフェノーメノは、かなり危険な臭いがしますね。
この秋はほとんど競馬をしておらず、しかもここにきて状態は急上昇の予感がします。
もし楽な逃げ、あるいは先行した場合には、最後まで前で粘ってしまう可能性十分。
楽な逃げは、ヴィルシーナ辺りが絡みそうで簡単ではなさそうですが・・・

ワンアンドオンリーは、この秋で一番の馬体です。しかし自在性が低い脚質で、トリッキーな中山、そして距離がどうかという不安があります。枠から考えるとダービーのような早めに抜け出す競馬が可能ですが、このメンバーでは、それでは勝ちきれないと見て、押さえまで。

ジャスタウェイですが、この馬も馬体に陰りはまったく見られません。
枠が外過ぎたので、福永騎手は逆に開き直って、道中は内をまわって最後の直線に賭けるのではないでしょうか。これはジャスタウェイにとっても負担が少ないでしょうし、はじける可能性は高いと思います。
ただ、これだけのメンバーで、この馬場で、先に抜け出した実力馬達のタフさや力関係を考えると、後ろからいって届くのか・・・ということでしょうね。私は、このレースでは3着までと考えます。

そして、勢いからいくとラストインパクト。まさに上がり馬。
ディープインパクト産駒にとって、この馬場、この距離はどうかという気がしますが、押さえには入れておかなければならないでしょうね。

また、この6頭の中で、ウインバリアシオンだけが競馬ブックとギャロップで評価が分かれましたが、私はギャロップ誌の評価が適当だと思います。ウインバリアシオンは、走れる馬体で、しかも状態は極めて良い。
この馬も、有馬記念の惜敗を見ると、この馬場、この条件で復活する可能性がある1頭。これも押さえておかなければなりません。

この6頭以外で状態がかなり良い馬。
まずは、本物の強さを身につけたエピファネイア。馬体の良さは、引き続き間違いないです。
この馬は、とにかく無事に6つのコーナーを回ってくれば、まず馬券に絡むのは必至ですね。
無事にというのは、コーナーの度にヒートアップしなければという意味です。
多少、入れ込んでもジャパンカップの時のようにある程度前に入れれば、間違いなく馬券に絡んでくる。
勝ちきるには・・・私の勝手な考えですが、本当は、この馬逃がしてみてはどうかと私は思っています。
逃げれば圧勝もあるかと。
でも、今回はヴィルシーナが行くと言っているので、この馬がどういう動きをするのかで、前の様相が変わりそうです。

ジェンティルドンナは、まだ母の馬体になっていないので、ここでもこの馬の勝負強さは怖い。
そして良い枠を手に入れたのも追い風です。
ただ、この馬のフォームでこの荒れ馬場は、マイナスが大きすぎて、東京競馬場のようには伸びきれないと私は判断。これまで有馬記念で好走した牝馬は・・・と考えると、マイナス要素がひとつでもある牝馬は外し、ただ、この馬の底力を考えると3着候補には一応入れておこうかなーって思います。
ラキシス、ヴィルシーナ、メイショウマンボ、デニムアンドルビーも馬体は悪くないですが、同様の理由で2着まではこれないかと。

これで残った馬は、サトノノブレス、オーシャンブルー、トーセンラー、トゥザワールド。
トゥザワールドは、キャロット馬なので、応援したいのですが、写真では今年1年の中では馬体はあまり見映えがしません。
ただ、トゥザグローリーが有馬で好走しているので、可能性は感じますし、応援の意味をこめて、3着候補で。
トーセンラーは、経済コースをまわれる1枠に入りました。武騎手の腕は、長距離でこそ怖い。
ただ、この馬も押さえまでかなー。
オーシャンブルーは、さすがに勝ち負けは無理でしょう、まあステイゴールド産駒の超大穴?

そして、最後にサトノノブレス・・・ディープインパクト産駒は、よほど状態の良い馬以外には来られないかなー。私は、ディープ産駒は、押さえまで。
やはり勝つのは、ステイゴールド産駒、ハーツクライ産駒、シンボリクリスエス産駒というかエピファネイア。

ということで、まあ当たらないので、あまり参考にしないでください(笑)
馬券は、クリスエス産駒エピファネイア、ステイゴールド産駒ゴールドシップ、フェノーメノ、ハーツクライ産駒ジャスタウェイ、ウインバリアシオン、ワンアンドオンリー、ディープインパクト産駒ジェンティルドンナ、ラストインパクトの8頭を対象に、エピファネイア、ゴールドシップ、フェノーメノ、ジャスタウェイ、ウインバリアシオンの5頭から2頭をチョイス。残りの6頭に、2頭軸のマルチ36通りで勝負したいと思います。


posted by 楽天馬 at 10:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 【特選!競馬情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はあまり自分の馬の成績は良くありませんでした。しかし土曜27日はマッサビエルが日曜28日はアクセラレート、レイズアスピリットとなんと合わせて3勝。
盆と正月がいっぺんに来た感じです。
牝馬でいい思いをしなかったので、今年の2歳からは牡馬のいい馬体の馬を選びました。
楽天馬さんの馬体診断も大いに参考にしていますが・・・。
おかげさまで、ありがとうございます。
無理のない程度にこのブログを続けてください。よろしくお願いいたします。
Posted by 中京君 at 2014年12月29日 09:32
楽天馬さん、お久しぶりです。
今年はキャロット大活躍の年でしたね。
我愛馬はグランデアモーレが2勝。
サンジェナーロが未勝利卒業の計3勝でした。
どちらも新年1月に京都で出走出来そうです。
残念ながら2歳はティンバレスが3戦未勝利。
アルギュロスは頓挫があって未だ、しがらき。
なかなか上手くいきませんね(笑)

今年の出資ですが1時で優先、一般とも
抽選外れでず〜っと様子見していましたが
先日ストレンジクォークが勝ち上がったんで
サムソン産駒のファーストチェアに一口いきました。

本来であれば楽天馬さんの隠し玉の発表を
見てから決めたかったのですが
ネーミング応募の締め切りも迫ってきているため
待ち切れずに申込みしてしまいましたよ(笑)
この馬母系は素晴らしいと思うんですが
どうでしょうか?ぜひご意見をお願いします。

Posted by candy whip at 2014年12月29日 11:26
楽天馬さん、今晩は。

今年もあと僅か、年が変わるたびに競馬ライフも変わり1年1年進歩してくれれば、これ幸いです。
昨年は74戦9勝。(掲示板率58.1%) まずまず満足できる成績でしたが、今年は更に良くて97戦15勝、以下2着から10・13・9・5と掲示板52回。
2006年産から始めたのですが、なかなか成績が上がらず原因を探したところ、コンスタントに走ってる馬が少ないことに気付き「丈夫な馬探し」を出資の第1条件にしたのが、去年からのこの成績に繋がったと思います。

馬選び、馬券選び(因みに今年は350%超)は個人の自由。誰彼にとやかく言われる筋合いのものではありません。
楽天馬さんの意見を十分に参考にしてはいるものの、残念ながら未だに「ご一緒」がいないのが実情です(涙)
いろいろとあるでしょうけど楽天馬さんはきっと正しい判断をするでしょうし又、形は違ってもみんなとの繋がりは切れないだろうと思います。

来年は100戦15勝、掲示板率55%
そして初重賞勝ち、馬券は200%超え  期待^0^

今年もいろいろとありがとうございました。
お蔭さまで100%に近い競馬ライフを送ることができました。来年はさらなる高みを夢見て楽天馬さんはじめこのブログの「ファン」の方、良い年になりますようにお祈りいたします。
Posted by ガガチチ at 2014年12月30日 23:00
楽天馬さん、あけましておめでとうございます。毎年募集馬診断ありがとうございます。私もキャロット歴10年になりますので、自分なりの相馬ポイントはあるのですが、馬見ができる人の評価も参考にしたいので、いつもこのブログを参考にさせていただいてます。2015年が募集馬診断レポート最後とのこと、残念です。気が変っていただけたら嬉しんですが・・・。

私の愛馬達ですが、2014年は年間9勝、しかもシャイニングレイが初の重賞制覇をもたらしてくれました。春に向けて希望が膨らみます。

現在現役馬は、7歳カルドブレッサ(5勝・OP)、6歳エネアド(3勝・1000万)、5歳エルマンボ(4勝・準OP)とホワイトフリート(3勝・1000万)、4歳キュリオスティー(2勝・1000万)とサンジェナーロ(1勝・500万)とトータルヒート(1勝500万)、3歳シャイニングレイ(2勝・OP)とエトランドル(1勝・500万)とレレオーネ(未勝利)といったところです。

毎年2〜3頭しか出資しないんですが、5歳以下は出資した全頭が勝ち上がって長く現役を続けてくれています。やっぱり長く走ってくれないと・・・。愛馬ですからね。それと3歳は高額馬ばかり買ってますので、走ってくれないと困りますが、結果が出てきて嬉しいです。

そして明け2歳馬はジンジャーパンチ13とヒカルアモーレ13、リーサルヒート13に出資しました。ディープ牡馬は高額になるせいか2年連続無抽選で獲得できましたが、種付け料2000万でセレクトセールの落札価格とサンデーRの募集価格を見ていると、ことディープ牡馬については募集総額6000万〜7000万でも安いほうかもしれないと、個人的には思っています。もちろん、馬体と繋ぎ、飛節、歩様、母の繁殖ポテンシャルなど故障リスク完全チェックです。
さすがにヒルダズパッション13の値段にはノックアウトされ、とてもじゃないですけどいけませんでしたが(笑)。

2歳馬やシャイニングレイの可能性について楽天馬さんの見解を聞かせていただければ幸いです。

Posted by まる at 2015年01月03日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。