楽天馬のコメント

2015年09月02日

12.ピューリティーの14

12.ピューリティーの14(牡)
3月17日生まれ
父ダイワメジャー、母父パントレセレブル
母ピューリティーは、独国産、現役時代3戦1勝。初仔ピュアブリーゼがオークス2着、二番仔のプリュムも23戦3勝とよく走りましたが、その後は尻すぼみの印象、本馬は母11歳の時の産駒で、まだまだ繁殖としてはいける年齢ですので、改めてこの辺で活躍馬を出しておきたいところで、久々にダイワメジャーとの配合で本馬はプリュムの全弟ということになります。
血統的には、母父が凱旋門賞馬、仏ダービー馬、パリ大賞典などを勝ったパントレセレブル、母母父はネイティヴダンサー系の大種牡馬ベーリング、さらにサドラーズウェルズ、カロと続く累代は、底力とスタミナにあふれています。本馬の場合、全姉プリュムがダートで成功し、しかも今回は牡馬ですからプリュム以上にタフに走ってくれそうです。
馬体は、まだトモ高で、胴がつまり気味で背タレの幼い馬体ではありますが、前後のバランスは良く、これから成長して胴が伸びてきたときにどのようなシルエットになるのか楽しみです。繋ぎの角度は良くて、クッションも良好です。トモは、幅に出てきそうな良い筋肉がついていて、半腱半膜様筋が発達しお尻が二重に見えますね。大腿筋膜張筋も張り出し、この時期としてはボリューム感十分な感じです。サイズは、結構大きめで、500キロ超にはなってくると思いますが、繋ぎが短めで、クッションが非常に良いので、足元は大丈夫そうです。顔を見ると気性も穏やかそうに見えますが、果たしてどうでしょうか。歩様は、欠点がほとんど無くて、癖がありません。厩舎は、クラブではお馴染みです。価格は、高め設定に思いますが、それはおそらく本馬の馬体の評価からきたものでしょうね。
【楽天馬の評価】★★★★★☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック