楽天馬のコメント

2015年09月04日

20.リッチダンサーの14

20.リッチダンサーの14(牝)
4月13日生まれ
父ゼンノロブロイ、母父ホーリング
母リッチダンサーは、現役時代6戦未勝利。戦歴から見てそれほど疲労感を残して繁殖入りしたとは考えられず繁殖ポテンシャルは高いと考えていましたが、産駒の活躍でそれは立証されました。産駒は、初仔が英愛2000ギニーで3着に入っており、2番仔以降も比較的早い時期に勝ち上がって2勝以上しています。日本に来てからの産駒で5番仔にあたる半兄ホーカーテンペスト(父ホークウイング、牡)も早いデビューで勝ち上がり、そして6番仔フロアクラフト(父フジキセキ、牝)、7番仔バウンスシャッセ(父ゼンノロブロイ、牝)も早いデビューでいずれも牝馬クラシックで活躍したのは記憶に新しいところです。8番仔メリーモナーク(父キングカメハメハ、牡)も勝ち上がり、本馬は10番仔で、バウンスシャッセの全妹になります。産駒実績を見ても、高齢になっても極端に繁殖成績が落ちていないのは特筆すべき点でしょう。
血統的には、母父がスタミナ豊富なエタン系の中距離馬で種牡馬としても成功したホーリング、母母父がサドラーズウェルズの全弟でファルブラヴやエリシオの父でもあるフェアリーキング、母母母父がレッドゴッド系のスプリンター、レッドアラートという累代。スタミナ、パワーに加えて底力のある血が豊富で、スピードと決め手を補完して欲しい血統構成ですが、母の優秀さはそういう競走資質を持つ種牡馬達とうまく調和しているという点であり、ここも当然楽しみです。
馬体は、いかにもサンデー系らしい薄手の馬体で、遅生まれということでトモ高がすごく目立ちますが、前後のパーツはしっかりしている印象で、立ち姿には大きなブレを感じません。繋ぎの角度が良くて、クッションも良好です。トモはボリューム感こそないものの、良い筋肉が無駄なくついている印象です。サイズは、体高がそんなにないですが、それでも十分中型サイズに成長してくれそうです。気性はそこそこきつそうで、芯がしっかりしている印象です。歩様は欠点が少ないです。厩舎はいつもの厩舎で安心です。価格は思ったより安く設定されましたね。
【楽天馬の評価】★★★★★☆☆
この記事へのコメント
初めまして、去年からブログを拝見させていただいています。
競馬は10年、去年から一口馬主をはじめました。
去年は2次募集からの参加だったのですが、残っている馬に出資するために、このブログを見つけて、
アインザッツ、シャンドランジュに出資させていただきました。
そして今回は見学ツアーにも参加させてもらい、生で募集馬を、それはそれは感動しっぱなしの一日でした。

今回はリッチダンサーとディアデラのビアの子供達に申し込みをしました。
もし出資をすることができたら嬉しい限りです。

ブログを見ていて気になったと言うか、お願いがあるのが、去年までの記事には最後に☆印があって目安になっていたのですが、今回はありませんね・・・
できれば目安になる☆印を付けていただきたいなと思うのですが、どうでしょうか???

これからも楽しみにブログを拝見させていただきます。
Posted by ヌック at 2015年09月05日 02:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック