楽天馬のコメント

2015年09月04日

22.ティフィンの14

22.ティフェンの14(牝)
4月19日生まれ
父ゴールドアリュール、母父クロフネ
母ティフィンは、現役時代20戦1勝。ダートの中距離をなかなかタフに走りました。引退後すぐに種付けされており、疲労を残して繁殖入りした可能性が結構ありますが、引退レースの前の間隔が結構空いているので、その程度は微妙なところです。よって繁殖ポテンシャルは、今後産駒の状態を見て判断することになるかと思います。本馬は3番仔ですが、初仔は2歳12月デビューで現在5戦未勝利(現役)、2番仔は競走馬登録されていません。
血統的には、母父がミスプロ系トワイニング、母母父がノーザンダンサー系の良血種牡馬エルグランセニョール、母母母父がリボーの直仔グロウスタークという累代。累代に名を連ねる種牡馬が活性力のある血を内包した種牡馬が多く、牝系は非常にバランスが良い血統構成だと感じます。スピード、スタミナ、パワー、底力とそろっていて、本馬の場合は父ゴールドアリュールから決め手の強化を狙いたい感じです。
馬体は、遅生まれらしくトモ高が目立ちます。繋ぎの角度良く、背中はこの馬体の割には垂れておらず、短く見せています。トモはまだメリハリが無くて、サイズ、ボリュームとも今ひとつの印象。繋ぎは短めで角度が良くて、クッションは良好です。サイズは小さめで、体高もそれほどありませんが、管囲もまずまずありますし、牝馬で遅生まれを考慮して減点は最小限にします。気性は割合穏やかそうに見えますが、どうでしょうか。歩様は、後肢のアクションや飛節周りは少し弱々しさを感じますのでそこは減点対象ですが、それ以外には大きな欠点はないと思います。厩舎は良いですし、価格も安めに設定されています。この馬は、少し様子見して成長を見たい感じですね。
【楽天馬の評価】★★★★☆☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック