楽天馬のコメント

2015年09月04日

28.トキオリアリティーの14

28.トキオリアリティーの14(牝)
2月22日生まれ
父ダノンシャンティ、母父メドウレイク
母トキオリアリティーは、米国産、現役時代16戦3勝。芝の短距離で走りました。若くして引退したことから、引退後もしばらく種付けされておらず、フレッシュな状態で繁殖入りしています。産駒は、本馬で13番仔になります。アイルラヴァゲインやリアルインパクトといった活躍馬を輩出しており、その繁殖ポテンシャルの高さは疑いようがありません。ただ、本馬は既に母が20歳の産駒になりますので、その点で体質面のチェックは必要かと思います。
血統的には、母父がプリンスキロ系メドウレイクで本来はスタミナと底力にあふれる血統ですがメドウレイク自身はスプリンター、母母父がインリアリティで、米チャンピオンスピリンターのインテンショナリィの直仔でこちらは短−中距離馬、母母母父がスタミナ豊富なマイバブ−系のCrozier、総じて母系は米血脈で、スタミナとスピード兼備という感じ、本馬は父ダノンシャンティの高いスピード値と決め手を得られればおもしろくなりそうです。
馬体は、重厚感の中にも伸びやかさがあり、落ち着いた立ち姿が印象的です。前後のバランスも大変良く見え、胴回りも背中を短く見せて、かつ張りがあり、しっかりして見えます。トモはまだボリューム、メリハリともに足りませんが、形は良くて、ムダ肉は少ない感じで、これから幅が出てきそうな素養を感じます。繋ぎの角度は良くて、クッションは良好です。サイズは、多少馬体重が少なめですが、これからまだ大きくなりそうで、おそらく中型サイズまではもってこられるでしょう。気性は、目を見ると結構芯の強さを感じますが、カタログのコメントからオンオフがきくタイプになってくれそうな感じです。歩様は、まだ弱そうな部分も見られながらも欠点は少ないと思います。厩舎は申し分なく、価格も安めに設定されていると思います。
【楽天馬の評価】★★★★★★☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック