楽天馬のコメント

2015年09月04日

29.カドリーユの14

29.カドリーユの14(牡)
5月20日生まれ
父ヴィクトワールピサ、母父ダラカニ
母カドリーユは、現役時代2戦未勝利。キャロットで募集され、その血統には個人的に非常に魅力を感じた牝馬でした。残念ながら足元が弱く、血統背景に見合った活躍ができませんでした。本馬は初仔で、この母は現役時代にほとんど傷んでいないのと、引退後もある程度間隔をおいて繁殖入りしているようですので、繁殖ポテンシャルは高いと見込まれます。
血統的には、母父が現役時代9戦8勝の凱旋門賞馬ダラカニで、愛ダービーの2着以外があるだけのほぼ完璧な競争生活。初仔から種牡馬コンデュイットを輩出しており、この系統(ネヴァーベンド〜ミルリーフ〜シャーリーハイツ)からダルシャーンへと受け継がれた活性力は、このダラカニがしっかりと受け継ぎ、今後もその産駒を通じて発展していくのではないでしょうか。母母父が大種牡馬サドラーズウェルズ、母母母父が母系に入って良い競走資質を遺伝するブラッシンググルーム系のレインボウクエストという累代。母父ダラカニに、父ヴィクトワールピサとの配合でヘイローの4×5のクロスが発生、スピードと決め手が強化されている感じです。足元が問題なければかなり爆発力を持った血統背景のように思います。
馬体は、遅生まれの分、まだ幼さを多分に残した感じで、背中も緩く、トモ高です。全体的に良い筋肉が無駄なくついている印象で、骨格もブレが少なく、しっかりした感じに見えます。繋ぎの角度は良くて、クッションは良好ですので、足元は大丈夫そうです。トモは、まだまだボリュームはありませんが、半腱半膜様筋が目立ち始めた感じで、これから幅が出てきそうな感じです。サイズは、少し小さいですね。遅生まれの牝馬ですが、少し減点します。歩様は、この時期としてはまずまず欠点が少ない方だと思います。すごく賢そうな顔をした馬で、芯の強さも合わせ持っている印象です。厩舎は申し分なく、価格も牡馬にしては結構安めに設定された感じがあります。
【楽天馬の評価】★★★★★☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック