楽天馬のコメント

2015年09月04日

30.シャンスイの14

30.シャンスイの14(牝)
4月2日生まれ
父ネオユニヴァース、母父スウェプトオーヴァーボード
母シャンスイは、現役時代6戦1勝。ダートの短距離を走りました。引退後1〜2ヶ月程度で種付けされているようですが、そもそも使ったレース数が少なく、ダメージが比較的小さいダートの短距離であること、間隔を空けて使われていたことなどから、そんなに疲労をひきずって繁殖入りした感じではなさそうです。デビューした産駒は2頭で、いずれも勝ち上がっておりますし、繁殖ポテンシャルは高いと判定するのが妥当のようです。ちなみに3番仔はデビュー前で、本馬が4番仔となります。
血統的には、母父スウェプトオーヴァーボードは、ミスプロ系エンドスウィープの後継種牡馬として日本に輸入され、地方競馬では多くの活躍馬を輩出した種牡馬です。母母父がノーザンテースト、母母母父エルセンタウロは亜国産で、フェアウェイ系らしいスタミナ豊富なステイヤーでした。牝系は、アーネストリーやアグネスカミカゼ、ギャロップダイナなどを輩出しており、どこから活躍馬が飛び出してもおかしくない感じです。本馬は父ネオユニヴァースとの初配合で初めての牝馬です。牧場の狙いは牡馬だったような気もしますが、牝馬でも本馬は馬格があって、かつ気性が大丈夫そうなら、父のスピードと決め手を活かしてマイル前後で走ってくれそうです。
馬体は、牝馬らしからぬどっしりした重厚感のある馬体で、前後のバランスも良い感じです。トモ高ですが背中を短く見せ、背中が割合しっかりしている印象です。繋ぎの角度は良くて、クッションは非常に良いですね。トモは、まだメリハリもボリュームも今ひとつで、筋肉量自体が少なめですが、遅生まれですので、これからの成長を期待したいと思います。サイズは、かなり小さめで、遅生まれでかつ牝馬ですが、そこはマイナスします。気性は相当きつそうで、目にそれが出ていますね。歩様は、欠点が少なく、この時期としてはしっかりしていると思います。厩舎はまずまず、価格は安めです。
【楽天馬の評価】★★★★☆☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック