楽天馬のコメント

2015年09月04日

34.テイクワンズアイの14

34.テイクワンズアイの14(牡)
4月10日生まれ
父ファルブラヴ、母父サンデーサイレンス
母テイクワンズアイは、現役時代27戦3勝。現役引退後十分な期間をおいて繁殖入りしていますので、繁殖ポテンシャルは高いと推察されます。産駒は9頭いて、これまでデビューしたのが7頭、そのうち中央で勝ち上がったのは1頭となっています。ただ、比較的早くデビューした産駒が多いのと、タフに走った産駒もいるので、繁殖ポテンシャルは高いとみて良いでしょう。後は父との相性次第という感じです。そのファルブラヴとの配合は、今回で3回目、初仔と5番仔と9番仔の本馬ですが、初仔は4戦未勝利、5番仔は馬名未登録のまま抹消されています。3度目の正直に期待という感じでしょうか。
血統的には、母父がサンデーサイレンス、母母父がダマスカス直仔プライベートアカウント、母母母父が二アークティック系クールムーンという累代。プライベートアカウントは、現役時代短-中距離で走りましたが、そもそもはスタミナ血統で、母父がバックパサー、母母父がスワップスという良血種牡馬。産駒には多くのGI馬を輩出し種牡馬として大成功しています。本馬は父がファルブラヴということですが、やはり母父サンデーサイレンスがどこまで影響力を発揮するかが成否の鍵になりそうです。
馬体は、体系的にも遅生まれの感じが出ていて、背タレで腹袋が目立つ体型です。ただ、筋肉量は比較的豊富なタイプではないかと思います。肩や二の腕は立派でパワーがありそうです。繋ぎの角度は良くて、クッションはまずまず良いと思います。トモは、大腿筋膜張筋がタプタプと良い弾力を感じさせ、大腿二頭筋は太く、半腱半膜様筋はお尻が二つに見えるくらい大きく発達しています。サイズは、結構大きいですが、体高がそれほど無いので、500キロは超えると思いますが、牡馬としては問題ない範囲で収まりそうです。歩様は、比較的安定しており、前肢が内向っぽく見えますが、私の中ではまったく許容内です。管囲もあり、繋ぎも短めなので、現状では足元もそんなに気にする必要なないかと思います。気性は、手綱も短めにもたれてますし、目も結構きついように見えますが、どうでしょうか。厩舎は私としては多少不安かなー。価格は安くて、牡馬ですからかなりお手頃だと思います。
【楽天馬の評価】★★★★★☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック