楽天馬のコメント

2015年09月04日

35.ヴェラブランカの14

35.ヴェラブランカの14(牝)
1月14日生まれ
父タートルボウル、母父クロフネ
母ヴェラブランカは、現役時代7戦2勝。父クロフネの影響が出たのか、あるいはもともと母アドマイヤサンデーが馬格のある馬だったので、そっちに似たのかはわかりませんが、ヴェラブランカも雄大な馬体の持ち主でした。残念ながら牝馬ということで、その馬格を活かしきれず思うような成績を残せなかった印象ですが、キャロット募集時の1歳時の写真で既に馬体バランスは良血馬らしい秀逸さがあったように思います。デビューした産駒は1頭で未勝利。本馬は3番仔になります。
血統的には祖母アドマイヤサンデーから、フサイチホウオー、トールポピー、アヴェンチュラなどのGI馬や重賞勝ち馬を輩出しており、なかなか勢いのある牝系と言えます。母父クロフネ、母母父サンデーサイレンス、母母母父がノーザンダンサー直仔で良血種牡馬エルグランセニョールという累代。牝系はスピード値が高く、日本での馬場適性も高い血統構成だと思います。

※タートルボウル(父ダイヒムダイアモンド、母父トップヴィル)は、愛国産で現役時代21戦7勝。芝のマイルGIに勝ったトップマイラーであり、スピード値は結構高そうです。種牡馬入り1年目に43頭の産駒から2頭のGI馬を輩出して話題を集め、その後日本に輸入され、今年の募集馬が日本の初年度産駒になります。タートルボウルの体型を見ると明らかにマイラーですので、そのスピードの資質を受け継ぐ産駒がたくさん出ることを期待したいです。

馬体は、まず胴伸びの良さが目立つ馬体で、前後のつくりが大きいのが印象的です。繋ぎの角度は良くて、クッションも良好です。トモは、メリハリはこれからという感じですが、寛骨周りに大腿二頭筋が太く張っていて、ボリュームはこの時期としてはまずまずある方だと思います。サイズはかなり大きく、牝馬ですので、本来は減点対象ですが、私の印象ではダートですし、ダートだとすると減点しなくて良いと思います。管囲もありますし、繋ぎも短めでクッションも良いので、足元が心配ということはないですね。歩様は、欠点が少なく、この大きさの割には重たく見えないところは本馬の良いところのように思います。気性は現状では押さえが利きそうな感じですが、この母の血統は一筋縄ではいかないので、今は穏やかでも調教が進んでいく内にどこかでガツンという気性に変わる可能性もあります。でもそれでも走る血統ですので、そこは気にしなくて良いように思います。厩舎は文句なしですし、価格はかなり安く設定されています。ホクトベガみたいに”砂の女王”とか言われるような競走馬になって欲しいですね。
【楽天馬の評価】★★★★★☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック