楽天馬のコメント

2015年09月04日

37.ドレスデングリーンの14

37.ドレスデングリーンの14(牡)
3月12日生まれ
父カンパニー、母父アグネスタキオン
母ドレスデングリーンは、現役時代2戦1勝、勝ち上がってすぐ屈腱炎となり引退しています。休養十分のフレッシュな状態で繁殖入りしており、繁殖ポテンシャルは高いと推察されます。
初仔のウォーエンブレムの牡馬、2番仔のシンボリクリスエスの牝馬は、ともに中央で勝ち上がれず、3番仔のクロフネ産駒はデビュー前で、本馬は4番仔になります。
血統的には、母父アグネスタキオン、母母父ニジンスキー、母母母父アイリッシュリヴァーと大種牡馬が並び、スピード、スタミナ、粘りなど競走資質がバランス良く備わっており、走って当然という累代になっているわけですが、これまでの産駒はまったく決め手に乏しく、3番仔はクロフネとの配合でしたが、一層のことダートでという配合だったのかもしれませんが、本馬はカンパニーとの配合ということで、中距離以上のステージでスピード持続力と粘りを武器にということなのでしょうか。
馬体は、まず目の感じから気性はかなりきつそうですね。それとトモ高がかなり際立っており、これから馬体は相当変わってきそうだなぁという印象です。繋ぎの角度は良くて、クッションはまずまず良好。胴伸び良く、それでいて背中を短く見せて、背タレに見えません。背中に良い筋肉がついているものと推察します。トモはボリュームこそこれからという感じですが、まずまず容積があって、これからメリハリも出てきそうな感じです。サイズは中型ですが、体高もあるので、480〜490キロくらいのちょうど良いサイズに仕上がりそうです。管囲も問題ない感じです。歩様は、問題になりそうなところは見当たりません。厩舎は、よく頑張っている印象で良いのではないでしょうか。価格は安く設定されているように思います。
【楽天馬の評価】★★★★★☆☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック