楽天馬のコメント

2015年09月05日

55.シンハリーズの14

55.シンハリーズの14(牝)
4月13日生まれ
父ダイワメジャー、母父シングスピール
母シンハリーズは、現役時代12戦3勝。米GIデルマーオークスの勝ち馬。アダムスピーク、リラヴァティ、アダムスブリッジと活躍馬を出し、繁殖ポテンシャルが高いのは明らか。12歳の産駒だが、これだけポテンシャルが高いとまだまだ良い仔を出してくれそう。
血統的には、母父がドバイワールドカップとジャパンカップを勝っている超良血シングスピール、母母父は、ゲインズボロ−系(ハイペリオン系)のエフィシオという累代。血統構成というより、母シンハリーズが非常に優秀な繁殖で、相手種牡馬の良いところを出してくれる感じがします。ダイワメジャーとの初配合というところにも期待したいです。
馬体は、全体のバランスが非常に良くて、これまでのシンハリーズの産駒と同様に品があり、随所に資質の高さを感じさせます。遅生まれにも関わらずトモ高で腹袋も立派なのですが、背タレには見えず、むしろ背中を短く見せており、背腰の筋肉がしっかりしている印象です。繋ぎの角度は良くて、クッションもまずまず良好です。トモは、まだメリハリはありませんが、大腿二頭筋は太く、大腿筋膜張筋も容積がありそうです。サイズは、またまた小さく遅生まれの牝馬ですが、減点対象ですね。管囲は問題ありません。気性はキリッとしている感じで、手綱も緊張していますね。歩様は、飛節周りはまだ弱々しいところも若干ありますが、問題ない範囲だと思います。厩舎は最高で、価格は牝馬なので高めなのですが、この血統ですからしょうがないかもしれません。
【楽天馬の評価】★★★★★★☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック