楽天馬のコメント

2015年09月05日

56.アマルフィターナの14

56.アマルフィターナの14(牡)
3月25日生まれ
父ルーラーシップ、母父シンボリクリスエス
母アマルフィターナは、現役時代12戦1勝。現役時代は2勝目が遠かったですが、堅実に掲示板を確保してくれました。引退する前の1年間はかなり走っており、種付けされる前の月も2レース走っていますので、疲労感いっぱいで繁殖入りした可能性もあり、一応産駒の体質のチェックは必要かと思いますが、競走生活2年目はほとんど走っておらず、3年間で12戦というのはむしろ少ない方ですので、その点繁殖ポテンシャルが高い可能性を残している繁殖だと思います。さらに本馬は初仔ですので、仮に母の繁殖ポテンシャルが低い場合でも、これまでの経験上、初仔は“走る”可能性は十分あると思います。
血統的には、牝系はケイティーズ一族で、母の半姉にスプリンターズSの勝ち馬スリープレスナイトがいます。血統構成としては、母父はシンボリクリスエス、母母父は大種牡馬ヌレイエフ、母母母父は英2000ギニーやジャックルマロワ賞を勝ったノノアルコ、さらにマンノウォー系ポリックという累代。シンボリクリスエスの肌にルーラーシップという配合が一体どういうことになるのかが本馬の最大のポイントですが、新種牡馬ですからそこは走ってみないとわかりません。ただ、ルーラーシップが相当“決め手”という部分の資質を伝えないと、かなり難しいことになるかもしれません。
馬体は、まず筋肉質で、肩の筋肉は隆々としていて、トモの筋肉もこの時期としてはボリューミーに見せています。そのトモは、走るために必要な筋肉がそれぞれわかるくらいのメリハリが出てきていて、この時期にしてはかなり立派と言えます。背中もトモ高にしてはしっかりしている印象で、背タレに見せません。繋ぎの角度は良くて、クッションも非常に良いです。サイズは、中型で体高があまりないので、おそらくデビュー時で470キロ前後くらいではないでしょうか。管囲は問題ありません。気性は、目がキリッとしていて、人と馬に対してのメリハリがありそうな感じが私はしますが、果たしてどうでしょうか。歩様は、後肢の動きにまだ弱々しいところも若干はありますが、この時期としては問題ない範囲だと思います。厩舎は最高ですし、価格も手ごろですね。
【楽天馬の評価】★★★★★★☆
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック