楽天馬のコメント

2015年12月26日

有馬記念予想!!!

楽天馬です。

リオンディーズ勝利の興奮がいまだ冷めやらず、先週火曜日はメンバーと一緒に、忘年会兼リオンディーズの祝勝会をメンバーのドクターフサイチさんの自宅で開催しました。
リオンディーズのレースは、もう数十回は見たのですが、ドクターフサイチさんの自宅でも何度もリピートして見ました(笑)
何度見ても走り方がシーザリオに似ているなーって思います(完全に親ばかです(笑))
でも、性格はお母さんやお兄さんよりうるさくないとのことで、それは良い傾向です。
お母さんは、牧場でもひどかったな〜(笑)

さて、今年の馬主リーディングですが、キャロットの勝利数1位は確定でしょうね。
2年連続ですから素晴らしい。
賞金は、本家サンデーレーシングに負けていますが、もしかして有馬記念の結果次第では・・・わかりませんよ(笑)

その有馬記念ですが、ショウナンパンドラが回避することになりましたね。
実は、私はこの馬を写真を見た瞬間、馬券からはずそうと思っていました。
前々走よりも悪く、特にトモが寛骨の周りの大腿二頭筋が浮き上がるような感じに見えて、トモ全体がこけていました。
高野調教師の回避の判断は賢明だなーって思いましたね。
普通はジャパンCを勝っているので、ここはついつい出したくなる状況なのですがねー。
高野調教師を見直しました。

で、私は今年の有馬記念、相当な波乱を勝手に予感しています(笑)
強い馬の状態が今ひとつ、あるいは不安要素を抱えている。
それに比べて、若干力量が劣る馬の状態の方がすごく良い。
さらに枠によって有利不利が激しい、中山の2500メートル。
波乱要素満載って感じです。

まずは馬体ですが・・・
状態がよく見えるのが、
ゴールドシップ、ラストインパクト、ラブリーデイ、リアファル、ゴールドアクター、サウンズオブアース、アルバート、マリアライト、ルージュバック、ワンアンドオンリー、ダービーフィズ、ヒットザターゲット。
って、なんと12頭もいます(笑)

えっ、キタサンブラックがいない?
キタサンブラックは、馬体は前走よりさらに伸びやか、というか伸びすぎで、調教にも多少疲れを感じましたし、調教後の馬体重から当日馬体が減っている可能性があるので、思い切ってばっさり切りました(笑)
この馬が来たら、もう万歳です。(サブちゃんの祭りでも聞いて笑いたいと思います)

この12頭の中で、多少疲労感が感じるのがまずはラブリーデイ、同じく調教状態が今ひとつと感じたのがワンアンドオンリーとダービーフィズ。
私が思うにラブリーデイは、普通ならジャパンCを楽に勝っていたのかもしれません。
こうなってみると京都大賞典が余計だったように思います。
ジャパンCは、相当ハードワークだったのは言うまでもありません。
今の東京競馬場の2400メートルは、本当に強い馬が勝つ、相当タフなコースになっています。
その中で、あの位置からしっかり伸びきって、最後まで粘っているわけですから疲労が残らない方がおかしいですね。
ただ、実力はこの馬が今は一番、三連単なら3着には置いておきたいです。
ワンアンドオンリーとダービーフィズは、ここでは思い切って外したいと思います。

このジャパンCで2着だったラストインパクトも、今回の調教後の計量を見ると、当日馬体が減っている可能性大です。
よって、馬体重が大幅減なら買えません。
ただ、この馬は秋2戦目、ラブリーデイよりは余力がありそうです。
馬体の出来は、まさに絶好調で出走馬中でも1,2の出来。
大幅な馬体重減さえなければ軸の1頭になりえると思います。

そのジャパンCですが、ゴール前の混戦を見ても着差があまりありませんので、調子の良し悪しで二桁着順の馬も、有馬では逆転は可能とみます。
つまりゴールドシップも十分逆転可能と読みたいですね。
そして、そのゴールドシップは、相当出来が良いですね。
当日気合い乗りが良かったら、この馬も外せないでしょう。
でも、信頼が・・・ということで、私は軸ではなく押さえまでとします。

残ったのがリアファル、ゴールドアクター、サウンズオブアース、アルバート、マリアライト、ルージュバック、ヒットザターゲット。
マリアライトは、馬体は前走の状態をキープしています。
あのレースでヌーヴォレコルトの追撃を振り切ったのは相当強い競馬だったと言えますし、このメンバーでも十分やれると思いました。
でも、調教はやっぱりちょっと疲れている印象があったのと、大外では厳しいと判断してここでは外したいと思います。(出資者の皆さん、私が馬券から外した方が勝つ可能性が増えますから、大丈夫です)

次にヒットザターゲット。この馬もかなり出来は良くて、実力的にはこのメンバーではちょっと落ちるかなーとは思いますが、好枠を引き当てたのでここは3着候補に残し。
次に上がり馬と言って良い、アルバートとゴールドアクターの2頭。
アルバートとゴールドアクターの前走は、有馬記念の前哨戦みたいなペースのレースでした。
ゆるい流れからゴール前で切れを発揮したアルバートに目が行きがちですが、はっきり言ってレース自体は直線まではかなり楽な展開。
好位から模擬有馬記念みたいな厳しいレースをしたのはむしろアルゼンチン共和国杯を勝ったゴールドアクターの方。馬体の出来と調教の状態を合わせてゴールドアクターを軸候補に、アルバートを押さえにしたいと思います。

そして、調子が良さそうなリアファルとルージュバック。
どっちかと言えば馬体はルージュバックの方が良く見えますが・・・
調教後の馬体重を見ると、レースで大きく減っている可能性があります。
エリザベス女王杯で、一番厳しい競馬をしたのはルージュバックですから、当然疲労も出ていることでしょう。
そして、やはり脚質を考えればもう少し内枠が欲しかったはず。よってこの馬も押さえまで。

リアファルは、なかなか好枠を引きました。スタートがスムーズならマイペースの逃げが見たいですね。
できればそのまま逃げ切って欲しいくらいです。この馬が軸候補。

最後にサウンズオブアース。この馬は、展開一つという感じ。ここで戴冠もある状態だと思います。
ラブリーデイとの違いは、天皇賞秋に出走していないということ。
この違いは大きいです。よってこの馬も軸候補。

結果的に三連単の二頭軸に出来そうな馬は、ラストインパクト、ゴールドアクター、リアファル、サウンズオブアースの4頭。なんか穴狙いみたいになってしまいましたねー(笑)

ラストインパクトは当日馬体が大きく減っていないのが条件。減っていなければ軸の1頭はこの馬で確定。
リアファルは、当日入れ込んでいないのが条件、入れ込んでいたら逆に外しますし、入れ込んでいなければ軸の有力候補。
サウンズオブアースも、まさに賭け時で、上記2頭のうちどちらか1頭に不安要素があれば、この馬を軸に加えます。
ゴールドアクターは勢いがありますが、このメンバーに入ると、まだまだ厳しい競馬を経験していないので、上記4頭のうち2頭に何か問題がありそうなら、軸候補に浮上という感じ。

ここに、ラヴリーデイ、ゴールドシップ、アルバート、ルージュバック、ヒットザターゲット。
ルージュバックは、当日の馬体が減っていないのが条件。ラブリーデイも当日の状態次第。
最初の4頭から2頭を選んで、残った馬とそれ以外の上記の馬に二頭軸マルチで勝負。
いやあ、今年はこの二頭軸マルチで、よく儲けさせてもらいました。
最後もこれでバシッといきたいと思います(笑)

って、一応予想しましたが、最近連続して予想が当たっているので、この辺で外しそうです(笑)
いつものようにヘボ予想なので、当てにしないでください。
皆さんは当たりますように。
posted by 楽天馬 at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 【特選!競馬情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽天馬さんこんにちは!

リオンディーズGI制覇おめでとうございます!
朝日杯はなかなか勝てないGIですしあの爆発力はロンシャンの2400mでこそ という感じです。ダンシングブレーヴの再来を予感させられました!

有馬記念予感UP待ってました!
キタサンブラック外しですか..
私は楽天馬さんに外されたキタサンブラックから買いますよ
やはり有馬記念は菊花賞馬が定番そしてキタサンブラックは中山コース鬼ですね
調子は度外視したいと思います
展開は逃げるリアファルにまくってくるゴールドシップ
最後の直線2頭の間隙を縫うようにキタサンブラックが差してきたところがゴール

◎キタサンブラック
○リアファル
▲ゴールドシップ

3連単が妙味,3連複も
しかしながら私は無類の馬券下手なもので..ハハハ笑

2015.12.27 6:40
ウィングス
Posted by ウィングス at 2015年12月27日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック