楽天馬のコメント

2017年09月03日

2017年募集馬診断レポート、全頭アップしました!

楽天馬です。

2017年募集馬診断レポート、全頭アップしました。
関東馬のその4の表示をどういうわけか期限にしちゃってたようで、消えていたのは知りませんでした。

皆さんのコメントが無ければ、ずっーっとアップした気になって、放置していたところです。
感謝感謝!

全頭アップした中で、いつものことですが、相当な激戦が予想されますね。
今年は我々はバツイチがありませんので、バツイチを獲りに行くのか、はたまた確実なところに最優先を使っていくのか、ずいぶん悩みました。
まあ、そこはそれぞれのふところ事情とも相談して戦術を決めるんでしょうなあ。

毎年の傾向ではありますが、キャロットの募集馬の特徴としては、
@ サイズの大小極端なのが多くラインナップされている。
これは、血統によっては、大変リスキーな可能性がありますが、その繁殖の産駒が複数いる場合には、どういうタイプが走っているかをよくチェックしないと、例えば大型馬の方が走る傾向があるのに、大きすぎるから足元が不安とか思って短絡的に消去してしまう可能性があるので要注意ですね。また、すごい遅生まれだから小さいとか、明らかに理由がある場合、これも消してしまうのは早計。母馬優先のある産駒や、過去に兄姉が募集された馬の場合は、母や兄姉の過去の近況履歴を遡れば、どういう成長曲線がわかりますので、そういうチェックをしてリスクを減らしてみてはどうでしょうか。

A性別的に当該種牡馬のあまり走っていない性別の産駒が多くラインナップされている。
これは、その種牡馬によってよく走っている性別が偏っている場合、例えばステイゴールド産駒の牝馬とか、あまり走っていない性別の方が多くラインナップしているケースがあります。
この場合も、よく分析していると、すごい活躍している馬は少ないけど、勝ち上がり率は悪くないとか、そういう種牡馬傾向がある場合があるので、ネットの評論などで短絡的に判断しない方が良いでしょう。

B牝馬でダート血統とか、あまり人気の無さそうな種牡馬の産駒が結構ラインナップされている。
これも、短絡的に判断するとクリソライトみたいな名馬を逃す可能性があります。また、人気無さそうな種牡馬の産駒の方が吟味されている可能性がありますので、最初から門前払いして、固定観念で見ない方が良いですね。

C毎年、募集価格が上がっている(笑)
シーザリオがオークスを勝った翌年もそうですが、レイデオロみたいなダービー馬が出ると、それはやはり上がるんでしょうね。

まあ、Cはちょっと置いておいて、上記@〜Bの特徴はサンデーサラブレッドクラブのカタログやHPなどを見ながら比較すると顕著ですね(笑)
正直申し上げて、自分も以前はそういう馬を倦厭していましたが、今のこのキャロットの超競争社会では、安めの人気の薄そうな種牡馬の産駒などは、むしろ狙い目かと思っています。
また、キャロットの場合、母馬優先が唯一、サンデーに良い馬を偏らせないブレーキになっていると思いますので、母馬優先の産駒のチェックは欠かせませんね。

と、あまり余計なことを言うと、メンバーに怒られますので、今回はこの辺で。
皆さん、良い馬に当たると良いですね。


posted by 楽天馬 at 16:05| Comment(8) | 【キャロットクラブ馬情報】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【競走馬の血統(備忘録)】
競走馬の血統について、尊敬する武市銀治郎氏、吉沢譲治氏、佐藤正人氏らの文献からの抜粋をもとに、管理人が血統を見る上で重要と思われるポイントについて備忘録的に記載しています。
【楽天馬の相馬眼入門】
楽天馬と一緒に馬の見方を勉強するコーナーです。
【競走馬の豆知識】
フェデリコテシオ、リボー、アルマームードなど競走馬や調教師など競馬の歴史のおもしろ話を連載中です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。